ライター : ハヤシアユミ

神奈川県生まれ。現在は東京を拠点に雑誌、Webメディア等の執筆活動中。20代後半からワインの楽しさに目覚め、ワインの楽しみ方も伝えています。

白ワインと相性バツグン◎

この記事は、美味しい季節のワインを毎月お届けするワイン定期購入・通販サービス「家ワイン」の提供でお送りします。
女性からこよなく愛されているアボカドですが、最近、私がハマっているアボカドが「焼き」アボカドです。 半分に切って大きな種を取り除いたアボカドの両面を焼いて、種を取り除いた穴にちょっとした具材を入れて焼くだけの簡単なものです。 時間のないときでも簡単なわりに見た目はとってもオシャレなんです。

材料と作り方

▼材料(1人分) アボカド 1/2個 小エビ お好み ヨーグルト 適量 蜂蜜 適量 塩・胡椒 適量 レモン汁 適量 オリーブオイル 適量
【1】アボカドを半分に切る。 【2】フライパンに油をひいて、アボカドを焼く。 【3】焦げ目がついたら、ひっくり返して皮の方も焼きます。 【4】小エビを茹でて、ヨーグルト、蜂蜜、塩こしょうであえます。 【5】アボカドが焼けたら、レモン汁とオリーブオイルをかけて、くぼみにエビを乗せれば出来あがり。
スプーンでアボカドをすくって食べます。 焼いたアボカドはホントに美味しいですよね。ねっとり、まったり感が増してその上のさっぱりエビととてもよく合ってます。それからスッキリした白ワインもすごく合う!夏の白ワインのお供に、また作りたい一品でした。 他にも種の窪みの部分に、自分でアレンジして、色々な具在と組み合わせてみてください。
【提供元】
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS