ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、日本でも北欧コーヒーがブームの兆しを見せ始めているという。今回は、そんな眠れるトロール・北欧コーヒーの人気の秘密を調べてみました。最後には、吉祥寺、代々木、荻窪にある北欧カフェの情報もあるよ!

北欧はコーヒー先進国だった!!

国民一人あたりの消費量はトップ10は北欧が独占!?

今月はじめ、こんな記事が話題に…
国際コーヒー機関ICOの統計によると、2013年度に発表された世界1人当たりのコーヒー消費量は、日本が3.36kg、英国2.80kg、アメリカ合衆国4.20kgに対し、フィンランド12kg、ノルウェー8.70kg、デンマーク8.60kg、スウェーデン7.31kgと、北欧勢の圧倒的なコーヒーの消費率が見てとれます。

出典: news.livedoor.com

意外にも北欧の国々は日本をはるかにしのぐ消費量を誇っているのだという。

そして、なんと…
北欧の中でもリーダー格がノルウェー。
最近日本でも話題に上っている「バリスタ世界大会」は
じつはノルウェー発祥です。
初代チャンピオン、そしてもう一名の世界チャンピオンを輩出し、
カリスマティックな魅力で世界のコーヒーシーンをリードしています。

ノルウェーのライバルとして急成長したのがデンマーク。
首都コペンハーゲンにはいまや飛ぶ鳥を落とす勢いの
ロースターやカフェがいっぱい。
バリスタの世界チャンピオンはなんと世界最多の4名も輩出!

出典: hokuobook.com

北欧コーヒーの特徴は「浅煎り」と「酸味」

その特徴は、すっきりとしたキレの良さのなかにワインのようにフルーティな味わいと香りが広がる飲み口にある。
コーヒー豆と言っても、本来は果実の種の一部。だから浅く煎れば、果実の甘みや酸味がストレートに引き出される。

しかし、これには豆の鮮度や品質が良いことが絶対条件。豆の質が落ちるにつれ、深く煎って、苦味や焙煎香を楽しむ方法が向く。従来のコーヒーの魅力はむしろこちらにあったのだが、ノルウェーでは、コーヒーは浅煎りにして、果実の高貴な香りと、豊かな味わいを楽しむものと認識されているのだ。

出典: trendy.nikkeibp.co.jp

ちなみに、『北欧のおいしい時間』シリーズ著者・森百合子氏によると…
北欧のコーヒーは一般的に浅煎りで、豊かなフレーバーが特徴。お茶感覚で楽しめるんです。

出典: hyggelig-news.com

ということらしいです。

抽出器具「エアロプレス」に、その風味の謎が隠されていた!

エアロプレスって知っていますか?
コーヒーの抽出器具なのですが、手作業で圧力をかけながら抽出するというもの。

蒸らしや抽出時間を調節することで
エスプレッソ風の濃い味わいになったり、
あっさりとお茶のような味わいにしたり、
豆の味をさまざまに楽しめるのです。

出典: hokuobook.com

エアロプレスコーヒーメーカーは、手で圧力を加えてコーヒーを抽出するので、豆の味がダイレクトにカップに落ちてくんですね。それゆえ抽出器具が、豆を選ぶと言われたりします。


ペーパードリップと比べると、エアロプレスは手で圧力を加えて抽出していますので、油分がペーパーを抜けてカップに落ちて行く。それがエアロプレスの大きな特徴です。
ドリップだとペーパーの面積が大きい分、ペーパーが油分を吸着しちゃいます。コーヒー豆の油分には豆の香りや美味しさが多くに含まれてるので、ペーパーに美味しい部分を持ってかれちゃうのは本当にもったいない(笑)。

出典: maxplus.jp

焙煎した豆の風味を余すところなく抽出できるのが「エアロプレス」の魅力。

搾り立ての果実のような香りを感じられるのは、こういった特徴のおかげだったのです。

【都内】北欧コーヒーが飲めるお店

都内にも北欧コーヒーを味わえるカフェはたくさんあります。

なかでもコーヒーはもちろん、インテリア、家具・雑貨など細部までこだわった、北欧をまるまる体感できるオシャレな3店舗をピックアップしてみました!

【代々木】Fuguren Tokyo(フグレン トーキョー)

特集

SPECIAL CONTENTS