高価すぎる「コピ・ルアク」ってなんだ?驚きの製法から飲めるお店まで

幻のコーヒー「コピ・ルアク」。実は、ジャコウネコが食べたコーヒー豆の排泄物を洗浄・乾燥させて作られたものなんです。今回はそんなコピ・ルアクの基礎知識だけでなく、香りや味わいについて、さらには実際に飲めるお店までご紹介!

ネコの〇〇から採るコーヒー豆「コピ・ルアク」

ひと口にコーヒー豆と言っても、さまざまな種類がありますよね。今回は、なかでも希少価値の高い「コピ・ルアク(コピ・ルアック)」というコーヒー豆についてご紹介したいと思います。

このコピ・ルアク、主にインドネシアが原産とされているのですが、実はジャコウネコというネコの糞から採取するコーヒー豆なんです!初めて聞くという方にとっては、かなり衝撃的な事実なのではないでしょうか。

それって汚くないの?

「つまり、糞をコーヒー豆として使っているということ?」その疑問は、半分正解で半分間違っています。

ジャコウネコはコーヒーの木の果実をエサのひとつとして摂取しており、消化しきれなかったコーヒー豆が排出されます。その中から豆だけを採取し、丁寧に洗浄したのちに乾燥・焙煎され、コーヒー豆として出回るんです。

つまり、糞をそのまま豆として使っているわけではなく、きちんと豆のみを採取・洗浄してから販売されているので、汚いということはありません!

飲み始めるようになったきっかけ

コピ・ルアクの原産地インドネシアは昔、オランダの植民地でした。インドネシアの人々が作ったコーヒー豆はオランダ人の手に渡り、インドネシア人がコーヒーを飲むことは禁止されていたんです。

それでもコーヒーが飲みたい!と考えた結果、コーヒーの果実をエサとしていたジャコウネコの糞から豆を取り出し、飲み始めるようになったことがきっかけとされています。

あの映画に登場していた!

2007年にアメリカで公開された『The Bucket List(最高の人生の見つけ方)』という映画で、ジャック・ニコルソン演じるエドワードが愛飲するコーヒーが、このコピ・ルアクなんです。

そのほか、2006年に日本で公開された『かもめ食堂』の印象的なワンシーンでも、コピ・ルアクが登場するんですよ。

気になる"香り"や"味わい"について

糞から採取されたコーヒー豆……やはり気になるのは、その香りや味わいですよね。一体、どのような風味をしているのでしょう。

香り

あまり匂いは強くなく、ふんわりと香る程度。チョコレートのような甘い香りが特徴で、"糞から採取された"という先入観がこの時点で払拭される方が多いようです。たしかに、ちょっと意外ですよね。

味わい

ジャコウネコがエサとして摂取するコーヒーの果実は、もともと苦味が強い傾向にあります。そのため、排出された豆も酸味ではなく苦味が印象的な味わい。口に入れた瞬間にふわっと甘味が広がり、その後コクと深みが残るような感じですね。

苦いコーヒー豆に甘味がプラスされるのは、ジャコウネコの消化酵素や腸内細菌の働きによるものとされています。なるほど、豆をそのまま採るのではなく糞から採取することで、独特の風味が生まれるんですね。

コピ・ルアクの値段はどれくらい?

希少価値が高いとされているコピ・ルアクですが、いったいどれくらいの値段で買えるのでしょうか?

お店にもよりますが、だいたい豆の状態だと100gで3,000〜8,000円ほどで販売されており、平均すると5,000円前後のようです。お店で飲む場合は一杯2,000〜5,000円、高いところだと8,000円するお店もあります。

価格が高い理由

当たり前ですが、通常のコーヒーよりも桁違いに高いことが分かりますね。希少価値が高いためなのですが、そもそもなぜそこまで"珍しい"とされているのでしょうか。

実は、一匹のジャコウネコから一日に採取できる豆の量は、なんと3g!コーヒーを一杯淹れるには豆が10gほど必要なので、3日分採取しても足りませんね。その貴重さがお分りいただけたかと思います。

騙されないで!コピ・ルアクの偽物には要注意

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

marimo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう