コーヒー界のApple!世界を虜にするブルーボトルコーヒーは革命的おいしさ

清澄白河・南青山に店舗を構えるコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」。ひとつひとつ丁寧に淹れたコーヒーを独り占めして、たまには時間を忘れて贅沢してみるのはいかがでしょうか。そこで今回は気になるコーヒーの味や店舗について詳しくご紹介します。

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー) 日本上陸!

「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」が東京への進出を発表しました。当初のオープンは10月を予定!だったのですが、最新情報によると清澄白河店、2015年2月6日オープン。青山店3月7日オープン決定!さらに4月上陸予定のベーカリー、代官山「タルティーンベーカリー」とのコラボも!嬉しいことに日本版の公式ページが開設!
コーヒー界の”Apple”とも呼ばれているアメリカで大人気のコーヒーショップには、GoogleやTwitterの創業者も出資をするなどサンフランシスコでも話題のお店です。
さっそく行ってきましたよっ!レポはこちら↓

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)とは?

クラリネット奏者だったジェームス・フリーマン(James Freeman)氏がその道を諦めた時に、彼のもう一つの情熱であるコーヒー、それも本当に美味しいコーヒーを作ろうと決心し2002年8月に自宅のガレージで始めたのがブルーボトルコーヒーである。

出典: sfbitebite.com

”自宅のガレージ”、コーヒー界の”Apple”と言われる所以があるんですね。
Blue Bottle Coffeeの特徴(スタバ嫌い??)
ブルー・ボトル・コーヒーのコンセプトは
『個人の香りがするコーヒーチェーン』。

ブルー・ボトル・コーヒーの創設者である
ジェームス・フリーマンは、
スターバックスなどのコーヒーをひどく嫌った。

確かに味はうまい。
しかしコーヒーはもっと心を込めている物で、
マニュアル化され効率化されるものではない。

出典: shuntopi.com

ブルー・ボトル・コーヒーが生み出したマイクロ・ブリュー・コーヒーは第三の波と言われている程だ。

出典: shuntopi.com

「マイクロブリューコーヒー」は、1カップずつ丁寧にいれるのが特徴で、その芳醇な香りと味わいは、早くも全米を席巻する勢い。

出典: tabi-labo.com

自身で買い付けに行き、厳選したオーガニック・フェアトレードの豆を自家焙煎。しかも焙煎後48時間以内のものしか提供しない

出典: sfbitebite.com

そしてそれをコーヒー1杯1杯
すべてに行う・・・
確かに時間は掛かる。
しかし現在アメリカでは
このコーヒーじゃないとだめだという人が
急増しているのだ。

出典: shuntopi.com

なるほど、自分のために淹れてくれる一杯のコーヒー、
旬なものを旬なままで旬なときに頂く、しかもひとつひとつ手作りで、淹れるスタッフも違うでしょう。天候によっても味や風味も変わるでしょう。でも、自分のために淹れてくれるコーヒーってなんだかワクワクしませんか。

なぜ日本に?(実は日本の喫茶店が大好き)

「日本の喫茶店はとても好きで、とてもたくさんのインスパイアがあり、よく訪れています。コーヒーに対する真剣さ、何に対しても均等に気が遣われていて、抜け目がない。Blue Bottleもこうした姿勢でコーヒーを提供できるようにしたいと思って取り組んできました。そのことは、Blue Bottleの素早い成長を助けてくれました。」

出典: bylines.news.yahoo.co.jp

銀座のカフェ・ド・ランブル、渋谷の茶亭羽當、表参道の大坊珈琲店など、東京でお気に入りの喫茶店を数多く持つジェームス氏。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mayo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう