シンガポールの定番メニュー♪カヤトーストで甘い朝食を♡

シンガポールの代表的な朝食、カヤトースト(Kaya Toast)♡バターとココナッツの風味が香る薄切りのトーストは、1度食べると病みつきになっちゃうかも!?ご自宅でも作る方法がありますので、ぜひ朝食のバリエーションに加えてみてくださいね。

シンガポールの朝食といえばこれ♡

日本ではまだまだ食事=家でとるもの、というのが普通ですが、シンガポールでは外食をする方が多いんです。特に朝食は多くの方が外で食べるというのが一般的。そんなシンガポールの朝食で有名なものが「カヤトースト」です♡

甘いカヤジャムは病みつきに♡

卵・ココナッツミルク・パンダンリーフ(ハーブの1種)・砂糖などで作るカヤジャムというものを薄切りのパンに塗って食べるカヤトースト。カリカリのパンと甘いジャムとの相性は抜群です♡
カヤトーストにはジャムとあわせてスライスしたバターを挟むことが多いんですが、チーズに変えても美味しくいただけるんだとか♡
そして、カヤジャム作りの際に使われるのが、普段あまり見かけることのないパンダンリーフと呼ばれるハーブです。ココナッツととても相性がよく、甘い香りがするんですよ♡日本ではまだ馴染みの少ないハーブですが、輸入食材を扱うお店やネットショップなどで購入することができます。

カヤジャムを自作してみよう♡

カヤトーストには必要不可欠のカヤジャムですが、もちろん自作で作ることもできます♪
作り方はクックパッドなどに掲載されていますので、良かったら見てみてくださいね♡手に入りやすい食材ばかりを使ったレシピになっていますので、気軽に作っていただけると思います。
ちなみに・・・パンダンリーフを使わなくてもカヤジャムは作れますが、入れたほうが香りも良いですし、色も綺麗な緑色になります♡入れすぎると匂いが強くなりすぎてしまうので、ココナッツミルク100ccに対し、葉1本当たりを目安にしてみてください。

市販のものでお手軽に♡

作るのは大変・・・という方は、市販のものもありますのでご安心を♡まずは市販のもので試してみて、お時間のある時にご自分でも作ってみる、というのもいいですね♪
上記のラッフルズホテルのカヤジャムは濃厚ですが上品な味わいです。たっぷり塗ってもしつこさがないので、ぜひご賞味くださいね♡

日本にいながらシンガポール風の朝食を♡

シンガポールでは、このカヤトーストに甘めのコーヒーを合わせていただくのがスタンダードなんだとか♡甘いトーストに甘いコーヒー・・・こんな朝食もたまには良いのではないでしょうか。
普段は厚切りトーストにバターやジャムを塗って食べているあなたも、ぜひシンガポールの朝食「カヤトースト」を試してみてください。きっと、また食べたくなっちゃいますよ♡

特集

SPECIAL CONTENTS