【昼ごはん】ダイエット中も。二日酔いを緩和する食べ物

カレーライス

カレーのスパイスの一種であるターメリック(ウコン)には、二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドの分解を促進する成分が含まれています。シーフードカレーを選ぶと、タウリンが多く含まれる魚介類を摂れますよ。

また、豚肉にはビタミンB1が、鶏肉にはナイアシンが豊富。食欲がわいてきたら、お好みのカレーを食べてみてくださいね。(※8)

細巻き寿司

細巻き寿司の具材は納豆・まぐろ・きゅうりが定番ですが、すべて二日酔いのときに役立つ食材です。納豆にはビタミンB1やビタミンB2が、まぐろにはナイアシンが豊富に含まれています。いずれもアルコール代謝に関わる栄養素です。

また、きゅうりには水分が豊富。食品からも水分を摂ることで、アセトアルデヒドの排出を助けられますよ。(※3,7)

豚しゃぶサラダ

コンビニでも買える豚しゃぶサラダは、さっぱりとしているので食欲がないときのランチにおすすめ。豚肉にはビタミンB1が、野菜類にはビタミンCが豊富です。

ビタミンCは、アセトアルデヒドの代謝をサポートしてくれます。熱に弱い性質があるので、サラダとして生のまま食べると無駄なく摂取できますよ。(※2,9)

【夜ごはん】胃を休める。二日酔いを緩和するレシピ

かきたま親子うどん

Photo by macaroni

鶏もも肉と長ねぎの卵とじを、うどんにのせて作るレシピです。やさしい味わいで、二日酔いで胃の調子が悪いときでも食べやすいですよ。

鶏もも肉を低脂肪な鶏ささみに置き換えると、胃腸にかかる負担を抑えられます。また、鶏ささみのほうが、アルコール代謝に必要なナイアシンが豊富です。(※3,6,10)

あさりの中華粥

Photo by macaroni

生米から作る、あさりの中華粥です。お粥は胃にやさしいので、二日酔いのときでも食べやすいですよ。

あさりには肝臓の解毒作用を高めるタウリンのほかに、ベタインが含まれています。ベタインとはアミノ酸の一種で、肝機能を高める作用が期待できる成分です。(※5,10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ