使い方いろいろ!ゆず塩の作り方&おすすめレシピ10選

爽やかな香りが魅力の「ゆず塩」は材料2つで簡単に作ることができる万能調味料!普段の料理にゆず塩を少し入れるだけで、まったく違う味わいになります♪ そこで今回は、基本のゆず塩の作り方や保存期間、ゆず塩を使ったおすすめのレシピをご紹介します。

基本の自家製ゆず塩の作り方

甘酸っぱいゆずの香りが口のなかいっぱいに広がる「ゆず塩」の作り方をご紹介します♪ ゆず塩は、シンプルな料理のアクセントにも、ラーメンにそえても、いろいろな使い方ができる万能調味料です。

爽やかな味わいは、さっぱりとしたものが食べたくなる暑い季節にもぴったり!ゆずと塩があれば簡単に作ることができるレシピなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

材料(2人分)

・ゆず……1個
・塩……15g

作り方

1. ゆずは水でしっかりと洗ってキッチンペーパーで水気を拭き取り、ヘタを切り落として2~3mmほどの幅で輪切りにし、種を取り除きます。

2. 保存容器にゆずの輪切りと塩を交互に入れて蓋を閉めます。

3. 1日1回保存容器を振ってゆずと塩を馴染ませ、1週間ほど漬ければできあがりです♪

果肉を小さくしたい場合は、種とヘタを取り除いたゆずをフードプロセッサーにかけてから塩に漬けて保存容器に入れてください。ペースト状のなめらかなゆず塩に仕上がります!

また、ゆず塩の保存期間は3ヶ月ほどですが、なるべく早めに使い切ることをおすすめします。また、常温で保存すると傷んでしまう場合があるため、必ず冷蔵庫で保管してくださいね。

ゆず塩をおいしく作る2つのコツ

1. 材料や調理器具は清潔なものを使う

使用する材料や道具は必ず清潔なものを用意するのが、おいしくて長持ちするゆず塩を作るコツです!ゆずは汚れをしっかりと落として水分を拭き取ってから使用してください。また、ヘタや種は残さず取り除いておくのもポイントです。種が残っていると、ゆず塩を使う際に料理に混ざってしまうことがあるので気をつけてくださいね。

2. 保存容器は瓶や密閉できるものを使う

保存容器は瓶や密閉できる保存袋などがおすすめです。瓶の場合は、あらかじめ煮沸消毒したものを使ってくださいね。消毒が不十分になってしまうと、ゆず塩がすぐに傷んでしまうことがあるので注意が必要です。

ゆず塩を使ったおすすめ和風レシピ5選

1. ゆず塩の肉巻きおにぎり

ゆず塩と白ごまを混ぜたごはんを大葉と豚肉で巻いた豪華なおにぎりのレシピです。ジューシーな豚肉もゆず塩と一緒に食べることで、こってりし過ぎずさっぱりとした爽やかな後味になります。ご飯に白ごまを入れることで、香ばしさもプラスされて味により深みが出ます。お弁当のおにぎりの具に困ったら、ぜひこのゆず塩肉巻きおにぎりを作ってみてください♪

2. ゆず塩の鶏唐揚げ

鶏肉とレンコンにゆず塩で下味をつけてカリッと揚げた唐揚げのレシピ。カリカリの衣をまとったジューシーな鶏肉の旨みと、ゆずの爽やかな柑橘の香りが口いっぱいに広がります!レンコンも一緒に揚げることで、シャキシャキとした食感も楽しむことができます。下味をつけておけばあとは焼くだけなので、忙しい日の夕食のメニューにもぴったりのレシピです。

3. ブリのゆず塩焼き

特集

SPECIAL CONTENTS