ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

メキシコのストリートフード「ドリロコス」とは?

Photo by akiharahetta

最近注目を集めている「ドリロコス」という食べ物。ドリロコスとは、市販のトルティーヤチップス「ドリトス」と、スペイン語でクレイジーを意味する「ロコス」を掛け合わせた造語なのだそう。

ドリトスに直接具材やソースを加え、袋ごと混ぜてスプーンやフォークで食べるメキシコの屋台料理です。B級かつクレイジーなストリートフードとして、各SNSで話題になりつつあり、日本では今年テーマパークに専門店が登場するなどして、さらに注目を集めています。

どんな味なのか気になるのですが、今のところ専門店はその1軒のみとのこと。それならばと、近所のスーパーで材料を買い、自分で作ってみることにしました。

材料(ひと袋分)

Photo by akiharahetta

調理時間:15分
・ドリトス……ひと袋
・アボカド……1個
・きゅうり……1本
・ミニトマト……10個
・赤玉ねぎ……1/2個
・パクチー……1束
・ライム……1/2個
・シュレッドチーズ……大さじ5杯
・サルサソース……大さじ3杯

※お好みでハバネロやニンニクを加えてもOK

作り方

1. アボカドときゅうりをサイコロ状に切る

Photo by akiharahetta

野菜は好きなものを好きなだけ加えていいそうですが、今回はメキシコ料理に使う食材で、基本のドリロコスを作ります。

まずは、野菜を水洗いして、キッチンペーパーで拭き取り、カットしていきます。どの野菜から切り始めてもOK。きゅうりとアボカドは、サイコロ状にカットしましょう。

2. トマトは1/4カット、玉ねぎはみじん切りにする

Photo by akiharahetta

ミニトマトは1/4カット、赤玉ねぎはスプーンですくいやすいようみじん切りにしてください。面倒ならスライスでも構いません。

3. パクチーを刻む

Photo by akiharahetta

パクチーは、メキシコ料理に欠かせない食材で、現地ではシラントロと呼ばれています。全体を2~3cmにカットするか、食感にこだわるなら、茎の部分を細かく刻み、葉の部分はざっくり大きくカットするといいでしょう。

4. ドリトスを開封する

Photo by akiharahetta

野菜をカットし終えたら、ドリトスの準備にとりかかります。ポイントは袋を開ける方向。パッケージ袋を器にするので、食べるとき便利なように、横方向に開封してください。画像のように、袋の横脇をハサミでチョキチョキ切っていくと上手くいきますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ