ライター : pomipomi

ライター兼、料理愛好家。おいしい&美しいをテーマにいろいろな料理を日々研究しています。 Webサイト「kitchen bonita」ではヴィーガン対応のレシピを細々と公開中です。

街の景観に馴染みすぎ!? Twitterでレトロな自動販売機が話題騒然

レトロすぎて思わず2度見したくなる自動販売機の写真……。いまSNSではSaho@『 滅びの美 -参ノ廃- 』(@urbex_34)さんによるこちらのツイートが大バズリ中です。

「カッコいい!」「風情があって良い」「江戸時代みたい」と反響の声が鳴り止まず、現時点で17.4万いいねを獲得しています。国内のみならず国外の方々からも、「Wow!So beautiful」のようなコメントがちらほら。

ほかにも「ここはどこ?」「生で見てみたい!」という意見も多々投稿されていたので、本記事で詳しい情報をお届けしますよ。

江戸時代へタイムスリップ…!どこで出会える?

Photo by Saho@『 滅びの美 -参ノ廃- 』(@urbex_34)

投稿者のSahoさんいわく、自動販売機のある場所は島根県大田市にある石見銀山(いわみぎんざん)の大森地区だそうです。周辺はレトロな街並みが広がり、映画のセットのような雰囲気なのだとか。

Twitterには「京都かと思った!」「街に同化してる!」「別世界のようで素敵」「現代からタイムスリップした感じ」といった声が続々。「からくり式自販機?」「どうやってジュースを補充しているのか気になる」のようなコメントも多々寄せられていました。たしかにどのような造りになっているのか、近くでじっくり見てみたいですよね。

ほかには「コカ・コーラが囚われているみたいでカワイイ」「袴姿の侍が買ってても違和感なさそう」「おつり、お賽銭として奉納してしまうわ」なんて意見も♪

まだまだある。廃自動販売機も

Photo by Saho@『 滅びの美 -参ノ廃- 』(@urbex_34)

Sahoさんは国内外で廃墟や風景、一風変わった建築を撮影している廃墟探検家。ほかにも驚くような写真をTwitterに多々投稿されています。

それらツイートのなかで見つけたのがこちらの1枚。「可愛い過ぎる、廃自動販売機」のコメントと共に、哀愁漂うバス型自動販売機の画像がアップされていました。

場所のヒントは一切なし。果たしてどこにあるのか、偶然にも遭遇した人はラッキーですよ♪

石見銀山方面へ行ったらレトロ自販機を探してみよう!

街の景観にすっかり溶け込んだ、レトロで風情あふれる自動販売機。石見銀山方面へ出かける予定のある方は、ぜひ探しに行ってみてくださいね。発見したら写真を撮って、家族や友人にも見せてあげましょう。

「こういう不思議な写真をもっと見たい!」という人は、Sahoさんの他ツイートをチェック。異空間に迷い込んだような、ワクワクと楽しい気持ちに浸れる画像がてんこ盛りですよ♪
※本記事は@urbex_34さんのご協力のもと、株式会社トラストリッジが作成しています
おすすめの記事はこちら▼
Photos:2枚
レトロな自動販売機
バスの形をした自動販売機
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ