たっぷりの野菜と組み合わせる

野菜に含まれる食物繊維は、食後血糖の上昇を緩やかにしてくれます。そのため、豚肩ロースを食べるときはたっぷりの野菜と組み合わせることで、ダイエットや健康維持に役立ちます。

豚肩ロースを食べるときは、たっぷりの野菜と組み合わせ、よく噛んで食べることを意識してみましょう。(※11)

カロリー控えめ!豚肩ロースのレシピ4選

1. 炊飯器でしっとり仕上げる。豚肩ロースブロックの極上塩ぶた

Photo by macaroni

調理時間:40分

油を使わず、ヘルシーに仕上げる塩豚のレシピ。炊飯器でじっくり調理するため、ブロック肉でもやわらかく仕上がります。食材を切ってスイッチを押すだけの手軽さも魅力ですよね。

2. 電子レンジで作る!豚肩ロースのみそチャーシュー

Photo by macaroni

調理時間:30分(※漬け込む時間を除く)

電子レンジで作る、みそチャーシューのレシピです。豚肩ロースを調味料で漬け込み、電子レンジで加熱するだけ。はちみつを加えることでしっとりと、コク深い味わいに仕上がります。調理前に肉の脂身部分をカットすると、カロリーカットすることができますよ。

3. お肉の旨味をまるごと!カラフル野菜のしっとりローストポーク

Photo by macaroni

調理時間:60分(※オーブンで焼く時間を除く)

豚肩ロースをたっぷりの野菜と一緒に食べられる、豪快なひと品です。旬の野菜を一緒にグリルすることで、四季折々の楽しみ方ができます。タレに肉汁を使用するため、豚肩ロース特有の旨味やコクも感じられますよ。

4. 漬け込みで楽々♪ デジカルビ風焼肉&ニラナムル

Photo by macaroni

調理時間:20分(※漬け込む時間を除く)

豚肩ロースを甘辛いコチュジャンダレに漬け込む、デジカルビ風のレシピ。サンチュやナムルを巻いて食べると、野菜もたっぷり摂取できます。たんぱく質や食物繊維、ビタミンをバランスよく摂れるひと品です。

豚肩ロースのカロリーを知って、おいしく食べよう!

豚肩ロースには、エネルギー代謝に必要なビタミンB1が豊富です。ダイエットに限らず、身体作りには食べたものをしっかりエネルギーに変えることが大切。

カロリーが気になる方は調理前に脂身部分をカットしたり、調理法を工夫したりして、ダイエット中も上手に豚肩ロースを取り入れてみましょう。
【参考文献】
※4 八訂食品成分表2021|女子栄養大学出版部
(2022/06/29参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ