筋肉作りに役立つ「たんぱく質」

筋肉はたんぱく質から作られます。たんぱく質は、体内で日々分解と合成を繰り返しながら筋肉を作っています。

肉、魚、大豆、乳製品などいろいろな食品に含まれていますが、豚肉はアミノ酸のバランスが良く、豚肩ロース100gあたり17.7g含まれています。(※4,7,8,9)

貧血対策に役立つ「ビタミンB12」

ビタミンB12は、造血や正常な赤血球の生成に関与しています。不足すると貧血や神経障害などが起こるといわれています。動物性食品に多く含まれていることが特徴で、豚肩ロース100gあたり0.4μg含まれています。(※4,10)

豚肩ロースはダイエット向きか

赤身が多い豚もも肉や豚ヒレ肉に比べると、豚肩ロースのほうがカロリーや脂質は高くなります。そのためダイエットを意識する場合は、肩ロースのなかでも赤身が多い部分を選ぶことがポイントです。

豚肉には、体作りや代謝の維持に必要なたんぱく質、エネルギー代謝に欠かせないビタミンB群などが豊富に含まれているため、ダイエット中でも工夫をしながら摂取するのがおすすめです。(※4,5,7)

ダイエット中に豚肩ロースを食べるコツ

※画像はイメージです

コツ

  1. 調理前に脂身をカットする
  2. 調理で余分な脂を落とす
  3. たっぷりの野菜と組み合わせる

調理前に脂身をカットする

豚肩ロースは肉質のバランスがよく、肉の旨味やコクを感じられます。ダイエット中は、調理前に脂身部分をカットすることで、脂質をカットしながらも、肉のやわらかさやおいしさを保てますよ。

調理で余分な脂を落とす

調理法を工夫して、ヘルシーに仕上げるのもひとつ。揚げる・焼くといった調理法よりも、蒸したりゆでたりすることで、余分な脂を落とせます。冷しゃぶサラダのようにしたり、たっぷりの野菜と一緒に蒸したりするのもおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ