ライター : ビバコ

野菜ソムリエ/フードコーディネーター

身の回りにある身近な食材で作る簡単でほっとする和食やお弁当、日本人でも食べやすい北米ならではの料理を発信中。カナダ在住の野菜ソムリエ/フードコーディネーターです。 野菜好きが…もっとみる

ビーツってどんな野菜?

ビーツはかぶのような形ですが、実はほうれん草の仲間で、煮物やスープ、サラダやスイーツなどに使える便利な食材です。

生のままでも食べられる一方で、生ビーツは土臭さを感じることも多く、ほとんどの料理では加熱してから使います。ゆでビーツは甘みが増し、よりおいしく食べられますよ。

ビーツはリトアニア、ポーランド、ロシアなどの伝統的な家庭料理によく使われています。ビーツ料理の代表とも言えるロシアのボルシチは、世界三大スープのひとつです。

ビーツの下ごしらえ方法

  1. ビーツの葉と茎と取り除き、水洗いする
  2. 鍋に水を入れ沸騰したら、ビーツを入れて弱火で10分以上ゆでる
  3. 途中、竹串などで刺してみて、すっと刺さるようだったらゆであがり
ビーツでスープを作るときは、必ず皮付きでおこないましょう。皮をむいてしまうと、せっかくの綺麗な色も豊かな旨味も流れ出てしまいます。

色鮮やか。ビーツのポタージュレシピ4選

1. 豆乳でなめらか。ビーツのポタージュ

じゃがいもと玉ねぎで、旨味とコクをプラスします。豆乳を使うことで、なめらかさUP!牛乳が苦手な方にもおすすめですよ。クリームチーズを溶かしながらいただくと、よりまろやかに。日常のスープとしてはもちろんのこと、パッとテーブルに華を添えるポタージュはおもてなしにもぴったりです。

じゃがいもの代わりにさつまいもを使用すると、甘さが豊かになり子供ももっと食べやすくなりますよ♪

2. 水煮で時短。ビーツの簡単ポタージュ

市販のビーツの水煮を使って、簡単でおいしいポタージュはいかが?シンプルだからこそ、ビーツ本来の甘みと旨味を楽しめます。淡白なやさしい風味で、子供から大人まで好まれる味わいです。

加熱するとクセがなくなりビーツの自然な甘みが引き出され、メイン料理を引き立てます。トッピングをプラスするとおもてなしのひと品としても喜ばれるポタージュ。冷蔵庫で冷やせばおいしい冷製スープにもなります。

3. レンチンでパパッと完成。ビーツのポタージュ

時短しながら、おしゃれでおいしいポタージュはいかがでしょうか。ビーツをレンチンすることで、下ごしらえが簡単な豆乳ベースのポタージュです。コク旨なのに後味すっきり。子供から大人まで、おかわりまちがなしですよ。綺麗なピンク色が目でも楽しませてくれます。

4. 和風もおいしい♪ ビーツの冷製ポタージュスープ

ひんやり冷たくて涼しげな、ビーツの冷製ポタージュ。和風だしで食べやすくしているので、和食にもよく合うスープです。トッピングにジュレなど添えると、おしゃれなおもてなし料理にも。ビーツや野菜の旨味がじっくりと味わえるポタージュスープは、子供も大人もおかわり必至のおいしさですよ。

人気のボルシチも!ビーツのスープレシピ3選

5. だし香る♪ 豆腐とビーツの冷製和風スープ

実は、ビーツはだしとの相性も抜群なんですよ。豆腐と白だし入りのスープなので、和食にぴったり。子供から大人まで食べやすい味です。身近な食材で簡単に作れて、日常の食事からおもてなし料理まで大活躍すること間違いなし♪ 冷たい器に注げば、味も見た目もお店のクオリティになりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ