ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

業務スーパーの2商品で簡単チーズスイーツ

Photo by muccinpurin

大容量でコストパフォーマンスの高い、主婦の味方・業務スーパー。大入りのお肉や調理の手間が省けるカット野菜など、魅力的な商品がずらりと並びますが、この記事で取り上げるのは「リッチチーズケーキ」。

業務スーパーの冷凍スイーツのなかでも屈指の人気を誇るリッチチーズケーキは、冷凍保存できること、カットするだけで食べられること、安いことなどからファンの心をつかんで離さない、魅力たっぷりのスイーツです。

この記事では、リッチチーズケーキを使った「ビスケットサンド」の作り方をご紹介。
リッチチーズケーキのレビューはこちら▼

テレビ放送がきっかけでレシピが広まる。SNSでは絶賛の嵐!

Photo by macaroni

家事ジャンルの人気テレビ番組で紹介されて以来、簡単でおいしく、見た目もかわいらしいことから、マネして作る人が続出。ビスケットでチーズケーキを挟むという誰が作ってもおいしくしかならないアレンジに、「もっと早く知りたかった!」「お店みたいなクオリティ!」と絶賛の声が集まっています。

リッチチーズケーキを使った「ビスケットサンド」

Photo by muccinpurin

切って挟むだけで簡単にできるビスケットサンドですが、いくつかのコツをおさえれば、きれいに完成度の高いビスケットサンドができますよ。

材料

Photo by muccinpurin

・業務スーパー「リッチチーズケーキ」……1パック
・業務スーパー「セレクトビスケット Chiquilin」……1パック

Photo by muccinpurin

「セレクトビスケット Chiquilin」104円(税込)
どんなビスケットでもいいのですが、今回は業務スーパーで手に入る「セレクトビスケット Chiquilin」を使いました。1パックに長方形のビスケットが20枚入って、税込104円とかなりリーズナブル。

スペイン原産で見た目もかわいらしく、味もクセがなくサクサクと食べやすいので、そのまま食べるだけでなくお菓子作りにも重宝しそうです。

作り方

1. チーズケーキをカットする

Photo by muccinpurin

凍ったままのリッチチーズケーキをパッケージから取り出し、縦横約1cmほど切り落とし、ビスケットよりもひとまわり小さくなるよう約6等分にカットします。さらに厚みを半分に切り、合計12枚に分けます。

ポイントはなるべくビスケットからはみ出ないように切ることと、冷凍したまま作業すること。ビスケットからはみ出ると見た目の美しさが損なわれ、チーズケーキが溶けてしまうと切りにくくなるので注意してくださいね。

1辺切るごとにナイフときれいに拭いて作業すると、より美しく切ることができますよ。

2. ビスケットでチーズケーキを挟む

Photo by muccinpurin

切ったチーズケーキを2枚のビスケットで挟んだら完成です。

チーズケーキを同じ大きさに切るのだけ少しむずかしく感じますが、挟んでしまえばご覧の通り多少のいびつさもビスケットのかわいらしさでカバーできますよ。チーズケーキの大きさや厚みはお好みで調整可能ですが、業務スーパーのビスケットを使うなら縦横を1cm切り落とし、6等分にしてから厚みを半分に切ったサイズがちょうどよく感じました。
Photos:10枚
リッチチーズケーキのパッケージ
スマホを操作している
ビスケットサンドを手でつまむ様子
リッチチーズケーキとセレクトビスケット
ビスケットを手で持つ様子
カットしたチーズケーキ
切ったチーズケーキにビスケットで挟む様子
皿に盛られたビスケットサンド
ビスケットサンドを手で持つ様子
ガラスの容器に入ったリッチチーズケーキビスケットサンド
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ