ライター : 藤井ぽんた

郷土料理ライター

青森のりんご農家出身。ソウルフードは「けの汁」。現在は、横浜でライターとして活動しています。

売れ切れ続出!業務スーパーの冷凍クロワッサン

Photo by 藤井ぽんた

2020年に発売され、調理の手軽さとコスパの良さからたちまち人気に火がついた業務スーパーの冷凍クロワッサン。以前から気になっており、何度も足を運んでいるのですが毎回売り切れ状態……。4度目でやっとラスト1個を購入できました!

さっそくリピーター続出の本商品の味わいや、焼き方、アレンジ方法などをまとめていきます。おうちで本格クロワッサンを楽しみたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フレンチミニクロワッサン生地

Photo by 藤井ぽんた

343円(税込)
「フレンチミニクロワッサン生地」は、自宅でできたての本格クロワッサンが味わえる冷凍生地です。パン生地が10個入っており、なんとお値段は343円(税込)。1個あたり30円ほどなので、パン屋で買うよりもだんぜんお得ですね。

焼くだけの手軽さとコスパの良さから、今なお売り切れになるほど人気のアイテムです。

Photo by 藤井ぽんた

パッケージに「MADE IN FRANCE」と記載がある通り、本場フランスから直輸入されたものです。生地には発酵バターがたっぷりと練り込まれています。バターの配合は18%と、まろやかな甘みを感じられる仕上がりに。

Photo by 藤井ぽんた

さっそく袋を開けると、ひとつひとつの生地がくっついてしまっています。このまま放置すると、あとから剥がすのが大変になるため、やさしく重ならないように皿にうつしましょう。

生地の見た目は、10cm程度の手のひらにおさまるコロンとしたサイズ感。厚みも5cmほどで、思っていたよりも「小ぶりだな~」といった印象です。

事前準備

Photo by 藤井ぽんた

焼く前の準備として、冷凍生地を半解凍しましょう。まずは食べるぶんを皿に取り分けたら、そのまま常温で15分ほど放置します。表面の生地がテカテカした状態になればOK!

次は、クロワッサン生地を焼く工程に移ります。オーブンとオーブントースターの2種類の焼き方があるので、それぞれの調理器具での方法をチェックしてくださいね。

オーブントースターで調理する場合

Photo by 藤井ぽんた

15分ほどクロワッサン生地を常温に戻したら、焼く工程に入ります。オーブントースターを予熱し、クッキングシートを敷いたトレーに、3~5個を目安に食べるぶんを並べましょう。

このとき、生地1個分の間隔をおくと、焼いて生地がふくらんでも重ならないのでおすすめです。あとは、1,200Wで15分~20分ほど加熱したら本格クロワッサンのできあがり!

Photo by 藤井ぽんた

パッケージの記載通りに1,200Wで加熱して、数分たつとすでにクッキングシートが茶色に!あわてて温度を弱めの250Wに切り替えました。どうやら使用する機器によってベストな加熱温度が違うみたいですね……。

焦げるのが怖かった筆者は、今度は温度を250Wに変更して20分焼いてみました。やや焼き目が濃い部分もありますが、焼き上がりはなかなか。生地の中心までしっかりと熱が通っておりひと安心です。オーブントースターで調理するときは、焼きはじめ2~3分は加熱状況を見守るのが無難でしょう。

オーブンで調理する場合

Photo by 藤井ぽんた

オーブンで調理するときも、オーブントースターと同様にまずは生地を15分ほど半解凍します。その際、185℃に予熱しておくとスムーズです。次に185℃で25分ほど加熱したら、ふっくらしたクロワッサンが焼き上がります。

Photo by 藤井ぽんた

焼くときのポイントは、必ずオーブン最下段で加熱すること。ヒーター部分に近すぎると、外は黒焦げ・中は生焼けの失敗する原因になるので注意しましょう。

また加熱中は、5分おきに焼き具合をチェックするのがおすすめです。10分ほどで冷凍状態の倍ほどにふくらんで、15分たつと表面がこんがりときつね色に変わってきます。あとは、必要であれば焼きムラがないように、生地の向きを変えてあげるとキレイに仕上がります。

トースターとオーブンの焼き上がり比較

Photo by 藤井ぽんた

左がオーブントースターで焼いたもので、右がオーブンで焼いたクロワッサンです。2つ並べると、オーブントースターで加熱したほうがふっくらしているのがわかります。

反対に、焼き色はオーブンのほうがムラがなく、全体的に満遍なくこんがりしていますね。筆者の感想としては、サクサク感があるオーブントースターのほうがおいしく感じられました。

できたてのパンの香ばしい匂いに、ふんわりと甘いバターの香りがただよって、どちらも香りに関しては引き分けです。

Photo by 藤井ぽんた

続いてクロワッサン生地の内側をチェック!パッと見ただけで、オーブントースターで作ったクロワッサンが倍ほどにふくらんでいます。生地の断面に空いた空洞や、いくつもの層ができて、サクサクとした食感が楽しめますよ。

一方、オーブンで焼いたクロワッサンはというと……。ふっくらさでは劣るものの、パン特有のモチモチ感があり、クセになりそうなおいしさです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ