マカロンはフレーバーも大事

さまざまなフレーバーがあるマカロン。チョコレートやバニラなどの王道から、生地とガナッシュで味わいが異なる斬新な組み合わせのものまで、たくさんの種類があります。

香り、色の違いで無数に楽しめるのは、ほかの焼き菓子にないマカロンの魅力です。季節やブランドによっては日本の食材を使っていることも。抹茶や桜、ゆずなどが使われているマカロンも見かけるようになりました。フレーバーの好みが合う、お気に入りを見つけてみると良いかもしれません。

手土産に喜ばれる代表ブランドのマカロン3選

1. LADUREE(ラドゥレ)

ITEM

LADUREE(ラドゥレ)「コフレ・アンコントゥルナーブル」マカロン 12個入り

¥8,500

内容量:12個入り

※2021年12月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1862年に創業したフランス・パリの老舗パティスリー「LADUREE(ラドゥレ)」。現在のマカロン「マカロン・パリジャン」発祥の場所です。伝統のレシピは今でも守られているそう。

マカロンだけでなく、色とりどりのスイーツを販売しており、ラデュレ・グリーンと呼ばれる淡い緑のパケージも特徴のひとつです。

2. DALLOYAU(ダロワイヨ)

ITEM

DALLOYAU(ダロワイヨ)「マカロン詰合せ」6個入り

¥2,980

内容量:6個入り(ヴァニーユ/テヴェール(宇治抹茶)/キャラメルブールサレ/シトロン(瀬戸内レモン)/ショコラ/フランボワーズ各1個ずつ)

※2021年12月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
DALLOYAU(ダロワイヨ)は、1802年に創業。 フランスを代表するガストロノミーで、その歴史は深く、1682年にシャルル・ダロワイヨがヴェルサイユ宮殿で王家の食膳係を務めていたころまで遡ります。

ダロワイヨのマカロンは、外側はカリッと、中はやわらかいのが特徴。フレンチメレンゲで作る生地はとても繊細で、ぷくっと厚みがあります。とろけるようなマカロンから香り豊かなフレーバーが溢れ出しますよ。

3. PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)

ITEM

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)「マカロン詰合わせ」10個入り

¥6,860

内容量:10個入り(ショコラ アメール/アンフィニマン シトロン/アンフィニマン ピスターシュ/アンフィニマン ローズ/アンフィニマン ジャスマン 各2個ずつ)

※2021年12月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1998年、東京赤坂のホテルニューオータニ内に「PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ)」が登場。パティスリー界のピカソと呼ばれたピエール・エルメが世界1号店を日本に出しました。

洗練された味わいで、甘くやさしいクリームが楽しめます。ふっくらとした生地は外側がサクサクと軽く、思わず何個も食べてしまいそうな魅惑的なマカロンです。

コツをおさえてマカロン作りにチャレンジ!

Photo by macaroni

マカロン作りを成功させるには、作り方を忠実に再現し、コツをしっかりおさえることが大切です。

〈マカロン作りのコツ〉
・メレンゲがしっかり立っていないと、膨らまなかったり、ピエが出づらくなる
・マカロナージュはやりすぎも注意だが、やらなさすぎも失敗の原因に
・表面が指で触れるくらいまで乾かす。乾燥が足りないとピエが出なくなる
・乾燥させる時間は部屋の湿度によって異なる
・オーブンの焼き時間は様子を見て調節する

工程は少ないとはいえず、最初はうまくいかないこともあるかもしれません。ただ、プロしか作れないほどむずかしいわけではないので、何回かチャレンジして立派なピエのあるマカロンを作ってみてくださいね!

マカロンの詳しい作り方はこちら▼

特別感のあるマカロンを手土産やご褒美に

ほかの焼き菓子よりもちょっと特別感のあるマカロン。意外と歴史は古く、さまざまな経緯を経て現在の姿になったことが分かりました。元々華やかで高貴な印象がありましたが、歴史や製法などを知ると納得です。フランスで長年愛されているマカロン、手土産や自分へのご褒美の候補にしてみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ