ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

マカロンってどんなお菓子?

かわいらしい見た目が魅力のマカロン。フレーバーのレパートリーが豊富で、カラフルな色合いも特徴的ですよね。手土産としても喜ばれる焼き菓子です。

日本でも海外の有名ブランドが出店するほど人気のあるスイーツですが、そもそもマカロンとはどんなものなのか。歴史や製法、特徴などを解説していきます。

マカロンの発祥地はイタリア?フランス?

※画像はイメージです
マカロンはフランスを代表する洋菓子ですが、じつは発祥地には諸説あり、イタリアやフランスのコルムリー修道院で誕生したという話などがあります。

そのなかでも、フランス国王アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスにより、16世紀にフランスへ持ち込まれたという説が濃厚そうです。もともとはカラフルではない素朴なお菓子で、アーモンドを使用したシンプルな焼き菓子だったよう。

また、マカロンの語源は、パスタの種類である “マカロニ” と同じ。イタリア語の “maccherone(マッケローネ)=繊細な生地” という意味が由来になっています。

製法や特徴は地域によって異なる

フランスでは地域によって薄い生地のものから、丸みのあるものまで特徴が異なり、製法も場所により違います。ただ、メインの材料は同じで基本的には卵白、アーモンド、砂糖が使われています。

呼び名も少しずつ違い、たとえば北フランスの街アミアンでは「マカロン・ダミアン」というものが名菓で、はちみつを使用して作られているため、ねっとり感やしっとり感が特徴なんだそう。ほかにもココナッツ入りのものや、甘口ワインを使う「マカロン・ド・サンテミリオン」、ポワトゥー・シャラント地方の「マカロン・ド・モンモリオン」などがあります。

日本に伝わったものは、ロレーヌ地方の「マカロン・ナンシー」。ただ、元々は平べったく表面がひび割れたクッキーのような素朴さがあったと言います。

パリ生まれの「マカロン・パリジャン」から今の見た目に

※画像はイメージです
今のようなかわいらしい見た目になったのは、あるパティスリーから新しいマカロンが誕生したことがきっかけだったそう。

1930年代に、フランス・パリ創業の老舗パティスリー「 LADUREE(ラドゥレ)」が現在の見慣れたような、ガナッシュクリームの挟まったマカロンを発売。パリで有名になり全国へ広まりました。日本でもこのマカロンが徐々に定着、正式名は「マカロン・パリジャン」です。

元々の素朴なマカロンは混ぜて焼くだけと単純な製法でしたが、「マカロン・パリジャン」は、卵白を泡だててメレンゲを作り、そこに材料を丁寧に混ぜたり、冷蔵庫で寝かせたりして焼く手間のかかる製法が用いられています。ガナッシュとの組み合わせ、見た目の色合いなども大切にされ、ワンランク上のスイーツになりました。

おいしいマカロンの特徴は?

“ピエ” はおいしいマカロンに欠かせない

前途でも伝えた通り、手間のかかる製法が用いられる現在のマカロン。工程でミスをすると、仕上がりに差がでやすいお菓子でもあります。

なかでも “ピエ” と呼ばれる側面の膨らんだような、ひび割れたような部分が重要です。ピンポイントで名前がつけられることはあまりないので、マカロン作りにとってとても大切な部分だということが分かりますね。

ピエは生地の空気が下からはみ出たもので、生地作りをする際の混ぜる時間、寝かせる時間、温度や水分量など、管理がしっかりできていたときに約2mmほどのピエができます。

ピエがないマカロンは、生地内がスカスカで食感も悪い仕上がりに。ピエがしっかり出ていることが食感を含め、マカロンが上手に作れた目安になりますよ。

店舗で購入する場合、基本的にはピエのあるおいしいマカロンのみだとは思いますが、注目して見てみるのもおもしろいかもしれませんね。自分で作る際は、ぜひおいしいマカロン作りの目安にしてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ