【おつまみ・おかず・調味料】大分のおすすめ土産5選

10. 大分県内の椎茸を扱うプロ集団「大分県椎茸農業協同組合」

Photo by 日名子真衣

大分県内にある椎茸農家の団体で、本部と流通センターは大分市にあり、直売所も併設しています。主に乾椎茸の集荷から受け入れ、生産指導などをおこなっている椎茸のプロ集団です。

また、敷地内には「椎茸神社」が椎茸界の守護神として鎮座しているというユニークな点もあります。

椎茸神社の神様には、生産量・味・品質のよさが人気の特産品「乾椎茸」をこれからも見守っていてほしいですね。

豊後きのこカレー

Photo by 日名子真衣

箱入り 486円(税込み)
肉厚でぷりぷりの冬菇(どんこ)がゴロゴロ入った中辛カレーです。具材はほかにも玉ねぎ・豚肉・にんじんや、食欲を掻き立てるガーリックパウダー入り。

豊後きのこカレーは、箱入りとパウチタイプ2種類での販売です。椎茸の魅力が口いっぱいに広がります。ほかほかごはんにかけて召し上がれ♪
賞味期限
1年
購入できる場所
「大分県椎茸農業協同組合」直売所、JR大分駅、百貨店、サービスエリアなどで購入できます。
店舗情報

11. 昔ながらの漬物店「漬物の店こうこう屋」

国東半島にある豊後高田市「昭和の町」の漬物屋さんです。「昭和の町」は、昭和の町並みが再現されている、レトロ感漂う観光スポットとして人気を集めています。

そんな昭和の町の商店街にある「こうこう屋」では、丹精込めた九州ならではの漬物を、数多く製造・販売。幅広い年齢から愛されるお店です。

かぼすこ

Photo by 日名子真衣

637円(税込み)
インパクトあるパッケージが特徴の「かぼすこ」は、こうこう屋オリジナルの商品で、多くのメディアにも取り上げられています。かぼす・酢・こしょうで「かぼすこ」。

県産のものを使用していて、パッケージのデザインも県出身のアーティストに依頼するなど郷土愛あふれる商品です。ピザをはじめ、うどん・パスタ・豆腐などさまざまな料理や食材に合いますよ♪
賞味期限
6ヶ月
購入できる場所
漬物の店こうこう屋、大分空港、JR大分駅、百貨店、昭和ロマン蔵などで購入できます。
店舗情報

12. 柚子胡椒の先駆け!?「有限会社川津食品」

川津食品の工場は、自然豊かな日田市にあります。柚子胡椒をはじめ、柚子やそのほかの柑橘類果汁・加工品を製造。

川津食品は、商品として柚子胡椒を世に広めた先駆けといわれています。数多くのメディアにも取り上げられていて、これからも目が離せない食品加工会社です。

粒柚子胡椒

Photo by 日名子真衣

594円(税込み)
柚子と唐辛子のバランスが絶妙で、さまざまな料理に合わせやすい万能調味料です。柚子胡椒には胡椒が入っていると思われがちですが、実は柚子の皮・唐辛子・食塩から作られているんですよ。

ピリッとくる刺激的な辛さが食欲を掻き立てます!夏はそうめんや冷や奴に、冬は鍋やうどん・湯豆腐にぴったりですよ♪
賞味期限
10ヶ月
購入できる場所
大分空港、JR大分駅、百貨店などで購入できます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ