ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

アメリカ発祥!トマトとサラミのガンボスープのレシピ

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

最小限の調味料を使う、シンプルで滋味深いレシピを数多く考案されている角田さん。本連載でご紹介するスープは、すべて出汁を使わず、加える調味料もごく少量。それそれの素材の味を感じるやさしい味付けで、ひとさじごとに心や身体がリラックスできるレシピばかりです。

最終回にご紹介するのは、南部アメリカ発祥のガンボスープ。本来はスパイシーさが特徴ですが、角田さんのレシピではスパイスは控えめにして、身近な調味料で味わいに力を加えます。素材の旨みをしっかりと引き出す技も必見です。

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

料理研究家/角田真秀(すみだまほ)さん 東京・九段下で飲食店を営む父母のもとに育ち、販売業、カフェ勤務、実家での修業を経て、フードユニット「すみや」を夫とともにスタート。ケータリングや企業向けのレシピ監修などを手がけながら、雑誌や書籍で活躍中。著書に『塩の料理帖:味つけや保存、身体に優しい使い方がわかる』(誠文堂新光社)ほか多数。焼き菓子やオリジナルブレンドコーヒーなどを不定期で販売するオンラインショップも運営
「ガンボスープはトマトベースでスパイシーなとろみのあるスープです。とろみの素はオクラで、野菜もたっぷり入ります。スパイスを効かせた料理はあまり得意ではないのですが、ガンボスープを食べたくって、このレシピを考えました。

ポイントは、スパイスを中和するために発酵調味料の味噌を加えること。味噌はトマトの酸味を和らげる効果もあって、このレシピでは重要な役割を果たしてくれます。出汁はサラミからじゅうぶん出るので、安いトマト缶でも旨味たっぷりに仕上がります。寒い時期に身体が温まる、とろみたっぷりのスープです」

▼前回の記事はこちら

材料(2人分)

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

調理時間:20分

・サラミ……50g
・トマト水煮(缶)……200g
・にんにく……1片
・セロリ……50g
・玉ねぎ……1/4個
・オクラ……4本
・えび(殻付き)……6尾
・カイエンヌペッパー……小さじ1/4杯
・水……200cc
・はちみつ……大さじ1杯
・塩……小さじ1/2杯
・味噌……大さじ1杯
・オリーブオイル……大さじ1杯

下ごしらえ

・にんにく、筋をとったセロリ、玉ねぎをみじん切りする
・オクラに塩をふって板ずりし、小口切りする
・サラミを薄切りする
・えびの殻をむき、背わたを取る

作り方

1. オリーブオイルとにんにくを炒める

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが立つまで弱火で炒めます。

2. 鍋に玉ねぎ、セロリを加えて炒める

Photo by Nabuyoshi Miyamoto

にんにくの香りが立ってきたら、玉ねぎ、セロリを加えます。木べらなどでかき混ぜながら玉ねぎが透き通るまで炒めます。

3. カイエンヌペッパーを加えて、炒める

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

玉ねぎが透き通ったら、カイエンヌペッパーを加え、さらに軽く炒めます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ