熱い、辛い、でも食べたい。食事中の「鼻水」を回避するためにできるコト

出来たてをフゥフゥ熱々で食べていると、鼻水がグシュグシュ際限なく出てきますよね。辛いものを食べている時はくしゃみまで出てしまったり…食事中の鼻水って困っちゃいます!そこで、食事中の鼻水を防ぐ方法と、鼻水が持つ大事な役割についてご紹介します。

「食事中」の鼻のグシュグシュを防ぎたい!

アツアツの食べものや、辛くて体を温めてくれるメニューって、冷え性気味な女性陣にも好きな人が多いですよね〜♡
美味しく食べていたいのに、いつの間にやら鼻がグシュグシュ…。何回かんでも止まらない!気にしながら食事をするのはちょっと面倒臭いですよね。

“鼻水”って何のために出るの?

普段鼻の調子が悪いイメージがない人でさえ、避けられない悪夢の食事効果!(笑) そもそも鼻水って何のために出るのでしょうか?
鼻水の目的は「鼻内部を洗浄すること」であるといえます。

出典: hanatbresq.com

・外部からのウイルスや微生物の侵入を防いでくれる
・鼻腔内を鼻水で湿らせることによって、鼻粘膜を保護してくれる

出典: hana32.p819n.com

鼻の中が乾燥すると粘膜が傷つきやすくなり、そこからばい菌が侵入して病気につながってしまう可能性もあるのだそう。
体の健康は、鼻フィルターに守られているんですね〜。

熱い・辛いモノを食べると鼻水が出るのはどうして?

鼻水が大事な役割を果たしているのは分かったけれど、熱いもの・辛いものを食べている時に大量に出てしまうのはどうしてなのでしょう。
肺に送られる空気は、一定の温度で入らないと大きな負担がかかってしまいます。温かいものを食べた際に、温度が高い空気を肺に送り込まないように冷却作用として、鼻水を出しながら温度を調節しているのです。

出典: kenkomania.jp

また、辛い食べ物に含まれている「香辛料」は体に“異物”として察知されてしまうため、鼻水やくしゃみで追い出そうとするようです。
さらに、身体が冷えていると温度差により鼻水も出やすくなるのだとか。

出典: kenkomania.jp

確かに、同じ熱いモノを食べていても、寒い冬の方が鼻水が出やすい気がします!

鼻水を抑えるための方法

唾液・胃液がたくさん出ているとき、つまり食事中に熱いものを急激に飲み込むと鼻水が出るのだそうです。また、カレーやうどんなどを食べると鼻水が出る“味覚性鼻炎”というものもあるのだとか。
とはいえ、食事中に何度も鼻をかむのはマナー面からしてもできれば控えたいところ。そのための対策をピックアップしてみました◎
【1】湯気に急に近づき過ぎない

特集

SPECIAL CONTENTS