ひな祭りに飲む「白酒」って何?「白酒」を飲む理由は?

三月三日は女の子のお祭りひな祭りです。雛壇を飾って、菱餅を食べるひな祭りですが、一緒に楽しむ「白酒」って一体何なのかご存知ですか?お酒なのに子供が飲んでいいのか、また、「甘酒」とどう違うのか?「白酒」を飲む理由と併せてご紹介します!

三月三日は「ひな祭り」

毎年三月三日は「ひな祭り」、別名「桃の節句」です。元々は「上巳の節供」と言われていました。

女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」。雛壇を飾り、菱餅やひなあられを食べるのが定番の習慣ですが、白酒を飲んだ記憶がある方も多いと思います。

ところで、白酒ってなんだかご存知ですか?

白酒?甘酒?

白酒の見た目は白く濁ったお酒。そう。見た目だけなら甘酒にそっくり。というか、同じものだと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は「白酒」と「甘酒」は全く違うお酒なのです。
一般的に甘酒は、ご飯などに米こうじを混ぜて保温し、お米のデンプンを糖化させたもので、アルコール分をほとんど含まない飲み物です。

一方白酒は?
みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。

出典: www.maff.go.jp

つまり、「甘酒」は酒とは名ばかりの甘口の飲み物ですが、「白酒」はしっかりアルコール分を含むお酒なのです。子供は飲めません。

なので、小さい頃から「ひな祭り」のときは「白酒」を飲んでいた、という方は実は「甘酒」を飲んでいた可能性が高いです。

なぜ白酒を飲むの?

では、なぜひな祭りの日に「白酒」なのでしょう?

平安時代からあったとされるひな遊びですが、現在のように桃の節句に雛壇を飾るようになったり、白酒が楽しまれるようになったのは江戸時代からだそうです。

その理由には諸説あり、
昔、大蛇を宿してしまった女性が三月三日に白酒を飲んだら胎内の大蛇を流産させることができたという言い伝え

出典: www.vega.ne.jp

から、女性の厄払いのために白酒を飲むようになった、という説や、当時江戸で女性に大人気だった京都の白酒が桃の節句になると売り出されていたのですが、あるとき桃の節句に豊島屋というお店の白酒が売り出されるとそれが大人気となり、毎年の風物詩になったから。という説も。

どちらにしても、やはり白酒は子供のためのものではないようです。ひな祭りは、元々女の子だけでなく、大人の女性も参加する儀礼だったんですね。というわけで、大人も子供も積極的に参加して、楽しいひな祭りを過ごしましょう。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS