ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

個性豊かな日本の味「ご当地おむすび」

Photo by 島田みゆ

お米のおいしさをシンプルに味わえる、おむすび。定番の具材だけではなく、個性あふれる創作メニューもおいしいですよね。なかでも注目したいのが、日本各地の名産を使用した「ご当地おむすび」

魅力を探るべく訪れたのは、東京駅の構内をはじめ、都内に数店舗構える「おむすび百千(ももち)」。

さまざまな創作おむすびを販売するなかで、特に人気を集めているのが「47都道府県のふる里おむすび」です。

Photo by 島田みゆ

牛タン(宮城県)、かつお醤油漬け(高知県)、鶏ごぼう(鹿児島県)など、個性的なおむすびがそろう「47都道府県のふる里おむすび」
「47都道府県のふる里おむすび」は、その名の通り、各都道府県の名産品やゆかりのある料理などを具材にした、全47種類のおむすびです。

本記事では、なんともユニークな「47都道府県のふる里おむすび」が生まれたきっかけや、人気&変わり種メニュー10品について、広報担当の和氣(わけ)さんに聞きました。

ふるさとへの想いから生まれた「47都道府県のふる里おむすび」

Photo by 島田みゆ

おにぎりではなく“おむすび”と呼んでいるのは、語源の意味合いを大事にしているから。“おむすび”には、もともと三角形に握ったご米を神様のお供えものにしていたことや、山を神様に見立てていたという歴史(諸説あり)、人の縁を結ぶといった意味があるのだそう

Photo by 島田みゆ

お米は、「おむすびに合うものを」と全国を行脚して出会った長野の幻のお米「みゆき米」を、海苔は有明海苔のなかでも厳選されたものだけを使用。おむすびの素材に、とことんこだわっています
「47都道府県のふる里おむすび」が生まれたきっかけは、社長のふるさとへの想いでした。

「徳島のローカルフードに、魚のすり身にカレー粉と混ぜ、パン粉をつけて揚げた『フィッシュカツ』というものがあります。幼いころ徳島に住んでいた社長にとって、この味は忘れられないソウルフード。

ですが、東京でなかなか食べられるお店がなかったことから、『百千で、懐かしいものや故郷の味を食べられるようにしたい』ということで生まれたんです」と和氣さん。

そんな熱い思いが込められたおむすび、人気5品と変わり種5品をご紹介!みなさんのゆかりの地がランクインしているか、チェックしてみてください。

名物続々!「人気」ご当地おむすびTOP5

Photo by 島田みゆ

【5位】赤字覚悟でこだわり抜いた「米沢牛そぼろ」(山形県)

Photo by おむすび 百千

280円(税込)
第5位は、男性を中心に人気の高い肉系メニューから米沢牛そぼろ。そぼろはもちろん、米沢牛100%。米沢の生産者さんから仕入れて自社で作っているのです。

全メニューのなかでも、特に材料が高級で赤字覚悟のメニューだそうですが、そこは妥協せず、山形代表のメニューに取り入れています。

Photo by おむすび 百千

甘辛いそぼろがごはんにぴったり。お米の味と合う具材を日々研究している百千だからこそ、出せる味なのでしょう。

しっかりとした肉の味わいは、質のいい牛肉を使っているからこそ。さすがは三大和牛のひとつです。

【4位】絶妙なバランスのおいしさ「しそひじき」(三重県)

Photo by おむすび 百千

220円(税込)
第4位は、混ぜ込み系おむすびで一番人気のしそひじきです。三重県は、日本を代表するひじき産地のひとつということで、具材に選ばれました。

Photo by おむすび 百千

甘めのひじき、ふわっと香るしその風味、香ばしいごま、すべてがぴったりマッチしています。

お米の中までしっかり味が染み込み、手が止まらなくなるおいしさ。旨味がたっぷりで、おやつとしても食べたいくらいです。

【3位】懐かしの味と言えばコレ「紀州南高梅」(和歌山県)

Photo by おむすび 百千

210円(税込)
第3位は、まさにおむすびの王様と言っても過言ではない、梅です。紀州南高梅という品種と塩だけで作られたシンプルな梅干し。

昔ながらの製法で作っている農家さんに直接依頼して、特別に仕入れているのだそうです。

Photo by おむすび 百千

お米のおいしさが一番わかる味なので、個人的にもおすすめです」と和氣さんもイチオシのメニュー。しっかりすっぱさのある梅がギュッと味を締め、お米が本当に甘く感じるから不思議!

また、食べるたびに子どもの頃の思い出が蘇るような、ノルタルジックな気分になります。思わず「日本人だなぁ」としみじみ感じてしまう味です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ