ライター : オミ

グルメ&情報ライター

航空、教育、美容業界での経験と勘を活かして、地域密着型の情報ライターもしています。macaroni読者様へ、阪神圏のおいしくて素敵なお店やグルメ情報をたくさん紹介していきます。

京都名物として人気の八ツ橋!その歴史とは?

Photo by オミ

京都名物の八ツ橋には、八ツ橋・生八ツ橋・あん入り生八ツ橋の3種類あります。カリッとした歯ごたえとニッキが特長の「八ツ橋」、やわらかな生地とニッキを楽しむ「生八ツ橋」、もちもち生地と粒あんが絶妙な「あん入り生八ツ橋」。どれも米粉に砂糖とニッキを混ぜて作られる素朴なお菓子です。

江戸時代の初期に、焼き固めた「八ツ橋」が誕生し、八ツ橋の歴史が始まりました。「八ツ橋」のはじまりには諸説あり、筝曲(そうきょく)の祖・八橋検校(やつはしけんぎょう)にちなんだものや、伊勢物語『三河国八ツ橋(みかわのくにやつはし)』の話にちなんだものが有名です。

その後、1960年代に生八ツ橋やあん入り生八ツ橋が登場。今ではバラエティ豊富なあん入り生八ツ橋が主流となり、広く愛されています。

1. 歴史ある京都 八ツ橋の老舗「本家西尾八ツ橋 本店」

Photo by オミ

「本家西尾八ツ橋 本店」は、京都銘菓の八ツ橋はじまりの店といわれています。元々は、白餅や焼き菓子を旅人に振舞っていた茶店でした。1689年、3代目店主が板状の焼き菓子に「八ツ橋」の名を冠し、12代目が「曲げ」を施し、現在の八ツ橋に至ります。

お店のまわりには有名な寺社が多いので、観光がてら訪れてみてはいかがでしょう。隣には「西尾 八ツ橋の里」があり、美しい庭を愛でながら食事や甘いものがいただけますよ♪

あんなま 黒ごま白ごま

Photo by オミ

各5個入 600円(税込)
「あんなま 黒ごま白ごま」は、ごまの風味を生かした生八ツ橋。お店によって生八ツ橋の名称はそれぞれですが、「本家西尾八ツ橋 本店」では「あんなま」と呼ばれています。

「あんなま 黒ごま」は、小豆が見え隠れする濃厚なごまあん。「あんなま 白ごま」のやさしい風味もたまりません。どちらも、もっちりした生地と合わさると、ほっぺたが落ちてしまいそうになりますよ♪
店舗情報

2. マイルドなニッキの八ツ橋なら「聖護院八ツ橋 総本店」

Photo by オミ

「聖護院(しょうごいん)八ツ橋 総本店」の八ツ橋は、江戸時代の音楽家で筝曲を広めた八橋検校(やつはしけんぎょう)を偲んで作られました。琴を模した焼き菓子に八ツ橋と名付けたのがはじまりです。

「聖護院八ツ橋 総本店」では、原材料にこだわり、マイルドな味わいのニッキを使用しています。

伝統を継承しつつ、新しい八ツ橋を生み出すのも得意なお店。薄く焼いた八ツ橋をスティック状に巻いた「カネール」は、コーヒーのお供に最高です♪

聖 山椒

Photo by オミ

8個入 713円(税込)
「聖護院八ツ橋 総本店」のあん入り生八ツ橋は「聖(ひじり)」と呼ばれます。なかでも珍しい「聖 山椒」は、黒七味で有名な「原了郭(はらりょうかく)」の山椒を使用。

ニッキの風味を損なわない特別な配合のため、山椒もニッキもバランスよく楽しめる逸品です。

高級感もあり上品な味わいなので、お土産にすると喜ばれますよ♪
店舗情報

3. 清水寺観光で寄りたい「おたべ 清水坂店」

Photo by オミ

1966年、生八ツ橋に粒あんを挟んで売り出したのが「おたべ」。清水寺の門前には、4店舗を構えています。

なかでも「おたべ 清水坂店」は、清水坂と五条坂の交わるところにあり、比較的落ち着いてお買い物ができるお店。定番のお土産も、たくさんラインアップされています。

ファサードにあるお店のキャラクターは、「おたべちゃん」。舞妓さんをイメージしたキャラクターで、現在は「4代目おたべちゃん」なんですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ