必殺のバレンタインチョコ!ルイ・ヴィトンのチョコレシピ♪

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)のフランス帝室御用達の「香りのスペシャリスト」"Jean-Paul Guerlain"が開発した秘伝のガトーショコラレシピを紹介します。これで落とせない男はいない!?

香りのスペシャリストが開発した秘伝のガトーショコラレシピ!

出典:www.instagram.com

LVMHグループ「Guerlain」4代目調香師ジャン=ポール・ゲラン(Jean-Paul Guerlain)。美食家としても著名。

フランスでGuerlain一族の専属料理人を務めた、三谷青吾シェフがそのレシピを日本に伝えた。Jean-Paul Guerlain氏は、週に一度はこのガトーショコラを食卓に載せる事をリクエストしていたそうだ。
その秘伝のレシピに忠実にガトーショコラを創り上げる動画が、YouTubeにアップされていたので、今回、ご紹介したい。

素材のクーベルチュールにはこだわりたい。

材料は、
クーベルチュール 250g
無塩バター 250g
グラニュー糖 250g
全卵 4個
薄力粉 大さじ1

と、これだけ。
なので、素材となるクーベルチュールにはこだわりたい。

動画では、ヴェイス・アカリグアを使用しているが、ヴァローナ辺りが入手し易いだろう。
もちろんバターも発酵バターを使用したい。エシレなどいかがだろうか?

温度管理など、厳格なルセットに忠実に進行していく。

このレシピ(ルセット)には、温度計が必須だ。

湯煎を使って調理を進行していくが、温度を上げたり下げたりに大変忙しい。
「チョコの温度を約70℃まで上げた後、グラニュー糖を全量一度に入れる」

その理由はなぜ!? と、問いたくなるが、とにかくレシピを忠実に守るのが、お菓子作りの鉄則であり、伝統でもあるのだろう。
氷水で急冷!!50℃まで温度を「一気に」下げる!!
チョコが50℃になったら全卵を糸を垂らすように少しずつ加えて混ぜていく
こういった明確な指示に従って作るガトーショコラ。

完成が楽しみでたまりません!!
上手くいけば、チョコが糸を引くようになるそうです。
なんと、ソースまで!!

完全なるフランス料理の一皿としての、ガトーショコラなのです!

お皿に盛りつけて、ナイフとフォークで頂く「ひと皿の料理としての"ガトーショコラ"」 それはまるで「チョコレートのステーキ」!!!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

syuichi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう