ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

豚肉の状態を見極めることが大切

豚肉を調理しようとしたら「消費期限が切れてた!」なんて経験はありませんか?消費期限切れの豚肉は、体に危険を及ぼす可能性があるので要注意。傷んだ豚肉を食べると、腹痛や下痢・嘔吐・発熱などの症状が出て体調を崩すおそれがあります。

また消費期限に関わらず、豚肉を調理するときには見た目や匂いを確認しましょう。豚肉の状態を見て、 食べられるかどうかを判断して見分けることが大切です。

食べられる豚肉を見分ける方法

豚肉が食べられる状態かを見分けるポイントは、見た目と匂いにあります。

見た目

新鮮な豚肉は淡いピンク色で、ドリップ(血)はほとんどありません。

ところが傷んでいる豚肉は、灰色や緑がかった色をしています。ドリップが多いのも特徴です。触るとネバネバしたり、糸を引くことがあります。

匂い

傷んだ豚肉からは、酸っぱい臭いやアンモニアの臭いがします。また加熱すると、豚肉の甘い香りではなく不快な異臭を感じたら要注意です。

豚肉の上手な保存方法

冷蔵の場合

豚肉をパックから取り出したら、必ずペーパータオルで水気をふき取りましょう。空気が入らないようにラップでしっかり包んで、保冷袋や保存容器に入れます。保存期間は冷蔵室で2~3日程度、チルドルームで1週間ほどです。ひき肉や薄切り肉は傷みやすいので、早めに調理してください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ