ウイスキーを使ったホットドリンク「ホットトディ」でインフル予防!

「ホットトディ」ってご存知ですか?ウィスキーのお湯割りにレモンやハチミツを入れたアルコール飲料。 とっても簡単にできて、さらに風邪予防にも効果あり。この時期はこれを飲んでインフルエンザの予防をしましょう!

作り置きで簡単!インフル予防に「ホットトディ」を作ろう!

年が明けてもインフルエンザの流行は勢い衰えず。日本各地でインフルエンザ警報が発令されています。
ほら、あなたを狙うウィルスがそこにも!ここにも!
本日、お酒のエンタメ情報サイト「NOMOOO(ノモー)」よりご紹介するのは、スコットランドの風邪薬ドリンク。
NHK朝ドラ「マッサン」でもお馴染みのドリンク「ホットトディ」です。

ホットトディとは?

ウィスキーのお湯割りにレモンやハチミツを入れたアルコール飲料。
スコットランドでは古くから風邪薬としても用いられ、スペイン風邪(インフルエンザ)の薬としても飲まれていました。
ドラマ「マッサン」ではスペイン風邪にかかった男の子や、病床に伏せるマッサンの母親(ピン子さん)が、エリーの作ったホットトディを飲んで症状を和らげていましたね。

作り置き「ハチミツレモン漬け」を作ろう!(所要時間:10分)

風邪予防にもなるホットトディ。
毎日飲みたいけど、いちいち鍋を火にかけるのは面倒!
これからご紹介するホットトディの「もと」を作り置きしておけば、あとはお湯とウィスキーを注ぐだけです。
【用意するもの】
レモン 2個
ハチミツ 60㎎
保存用容器 一つ

「ハチミツレモン漬け」の作り方

1.タワシやスポンジなどでレモンをよく洗い、表皮を削ぎ切ります。

2.削ぎ切った表皮を千切りにします。

3.レモンの実を縦半分に切り、スライスします。

表皮の下の白い薄皮は苦味のもとになります。苦味が苦手な人は、レモンの実をスライスする前に薄皮を剥きとっておきましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS