ローディング中

Loading...

中華料理に欠かせない点心ですが、そもそも点心とは何なのかご存じですか?餃子やシュウマイなどの印象が強い点心ですが、飲茶との違いは?今回は人気の点心の種類や食べ方、飲茶との違いまで、点心についてのあれこれをご説明します。

飲茶とは違う?点心とは

餃子やシュウマイ、春巻きなど、おいしくて人気の中華料理。みなさんの中でも好きなかたは多いのではないでしょうか。セイロのふたを開けると、フワ〜と漂う湯気が魅力的な点心ですが、みなさんは点心と飲茶の違いを知っていますか?

今ではファミリー向けのレストランなどでも食べられる点心。身近な食べ物に定着をした点心ですが、飲茶とははっきりとした違いがあるんですよ。今回は知っているようで知らないことの多い点心についてたっぷりご説明。

点心の意味

間食や軽食を指す

そもそも点心は中国で「軽食・間食」という意味なのです。さらに、中国では日本人が思っている点心の範囲を遥かに超えていて、中国の人はお菓子類も「点心」と分類するので、ケーキ、クッキー、チョコレートなども「点心」の一種類なるそうです!これはビックリ!

小皿も点心

中華料理では、主菜とスープ以外のお料理は、ほぼ点心とよばれています。春巻きや肉まんのように少量ずつ食べるお料理だけでなく、炒め物やあんかけメニューなど、通常は大皿料理が定番のメニューも小皿に盛り、正式な食事時間以外で食べれば、それも点心と呼ばれるのです。

点心の種類

点心には大きく分けて、甜点心(テンテンシン)、鹹点心(シェンテンシン)、小吃(シャオチー)、果子(グオズ)の4種類あります。普段は種類を気にすることはありませんが、今回は1つずつポイントをおさらいしていきましょう。

甜点心(テンテンシン)
主に甘味の点心。ごま団子、桃饅頭の他、杏仁豆腐、マンゴープリンなど冷たいお菓子も甜点心として分類されます。中華料理などのコースでは、最後に食べるデザートとして出てくるので、馴染みがあると思います。

鹹点心(シェンテンシン)
主に塩系の味付けがされている点心。餃子や肉まん、小龍包など日本人の多くが意識している点心は、きっとこの分類ではないでしょうか。主に小麦の皮で餡を包んだものが多く、調理法は茹、蒸、揚と様々です。

小吃(シャオチー)

主に小皿料理の点心。普段は大皿で盛り付けられている料理を、小皿などに盛られて正式の食事の時間以外で提供されれば、点心という事になります。エビチリ、酢豚、そしてチャーハンやお粥も小吃に分類されます。

果子(グオズ)

そのまま食べられる果物やナッツ類、またそれらをシロップ漬けにした果物や飴をからめたものを呼びます。すいかやひまわりの木の実などもこの分類になります。

点心の時間

軽食やおやつを意味する点心は、食べる時間帯によって呼び名が変わります。朝ごはんとして食べる点心は「早点」、午後3時以降のお菓子代わりに食べる点心は「午点」、夜ご飯として食べる点心は「晩点」と呼ばれています。

飲茶と点心の違い

軽食の「スタイル」が飲茶

「飲茶」とは、中国茶を飲みながら点心を食べる習慣のことを意味します。つまり、飲茶は食べ物の事ではないのです!そうなると、「飲茶を食べに行こう」という表現は間違いで、正確には「飲茶をしに行こう」が正しい表現となります。

そもそも、現代の飲茶の元は明の時代まで遡ります。明の時代に様々な点心が作られ、次々と点心のお店も出現。大きな器に緑茶を注いで、点心を食べたことで、現在のような飲茶のスタイルが出来上がったそうです。

そして「飲茶」とは広東語ですが、英語では「dim sum(ディムサム)と言います。この飲茶の習慣は、広東が発祥といわれていますが広東だけでなく北京,蘇州,杭州などでも行われているそうです。

飲茶の仕方

「飲茶をする」にあたり、本場中国ではいくつかルールがあるので覚えておきましょう。まずはお茶選び!日本のように座ればお水やお茶が出てくるのではなく、お茶のオーダーから始まりますので、中国茶の知識を身につけて、本場のお店へ行く事をオススメします!

そしてお店に行く時間帯ですが、基本的に中国の人が飲茶を楽しむのは、朝〜15時頃まで。夕食として提供しているお店は少ないので、せっかく行きたかった飲茶のお店が夜は閉まっている、なんて事がないよう観光する際、時間には気をつけておきたいところ。

お茶をおかわりしたい時は、急須のフタを逆さまにして乗せておくか、少しずらしておけば、お湯を注いでほしいという合図になります。そうしておけば、わざわざ店員さんに「お湯くださーい!」と言わなくてもお湯を足してくれます。これは嬉しい情報ですね!

定番のお茶

たくさんの種類の中国茶がありますが、飲茶をする際の定番といえば、烏龍茶、プーアール茶、ジャスミン茶ではないでしょうか。烏龍茶は、日本人にとっても馴染みあり、飲みやすく、少し甘みを感じられるので点心との相性も抜群です。

そしてプーアル茶は、中国の人が日常的に飲むお茶として人気です。飲茶をする際の定番のお茶でもあり、味の濃い点心との相性もよく中華料理に多く使われている油もすっきりさせてくれます。

最後にジャスミン茶は、その名の通りジャスミンの花が入ったお茶です。独特な香りはとくに女性に人気。油の多い点心の後に爽やかな香りがクセになります。甘い点心とも相性がよいですよ。独特な香りは気分をリラックスさせてくれます。

お好みの点心で飲茶しよう!

点心についてご説明しましたがいかがでしたか?飲茶も肉まんやシュマイなどの中華料理を指すものだと思っていた方もいたのではないでしょうか。点心には色々な種類があり、食べる時間によって、呼び方が変わることがあるのも面白い点です。

点心と飲茶について知ると、中国には食を楽しむ文化が根強いことが伝わってきましたよね。プーアール茶や烏龍茶など、お好みのお茶と一緒に、よかったらみなさんも飲茶を楽しんでみてくださいね。
▼知っておくと便利!中華料理のマナーはこちら
▼中華料理に欠かせない調味料の豆知識♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

烏賊(イカ)は海の生き物なのに、漢字書くとなぜか烏の文字を使います。この由来なぜなのでしょう?海鳥でもない烏の意味、不思議だと思いませんか?イカだけでなく、タコにも虫ではないのに虫偏のついた「蛸」を使います。…

岡山

みなさんは「ままかり」という魚をご存知ですか?一般的には「サッパ」と言われており、岡山県にはその魚を使った郷土料理まであるようです。今回は、ままかりとは一体なんなのか、名前の由来、他県での呼び名など詳しくご紹…

「かまとと」の意味を知っていますか?そう、かまととぶるのかまととです。聞いたこともあるし、実際に使ったことがある方もいるかもしれません。でも、その意味や語源までは知らないのではないですか?かまととは、実は意外…

和食

和食の基本といわれる一汁三菜とは?献立を決める際の目安になる一汁三菜ですが、具体的な内容をご存じですか?ご飯、汁物、副菜、それぞれの料理や並べ方まで、日本人なら覚えておきたい一汁三菜の基本をご紹介。それぞれの…

日本の食卓に欠かせない「沢庵(たくあん)漬け」ですが、今回は、そんな沢庵の名前の由来についてご紹介したいと思います。沢庵和尚に関する説など、さまざまな言い伝えがあるんですよ。併せて、沢庵の色の秘密などもお話し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ まとめ 天ぷら 揚げ物

天ぷら粉を持て余してしまうことはないですか?そんな時に役立つアイディアレシピをご紹介。是非参考にしてくださいね。ちなみに天ぷらの語源はポルトガル語の「tempero」(調理)、スペイン語の「templo」など…

トリュフ レシピ まとめ アレンジレシピ

普段の料理にかけるだけで高級感をプラスすることが出来るアイテム、トリュフ塩。ここでは、そんなトリュフ塩の魅力と、実際に使っているレシピを紹介しています。

つくり子

料理作家(レシピ・コラム) フードカメラ リサーチャー テレビ...

https://m.facebook.com/tsukuriko/

ページTOPに戻る