ローディング中

Loading...

アボカドを買ってきて、いざ食べようと思ったら、実に黒い筋や斑点があることってありますよね。これは食べても問題ないのでしょうか。腐っているのとはどう違うのでしょうか。綺麗な見た目でおいしいアボカドの選び方や保存方法とあわせてご説明します!

黒いアボカドは食べられる?

世界で一番、栄養価の高い果物として有名なアボカド。サラダやパスタなどに入れると、とてもおいしいですよね。その栄養価の高さから、女性を中心に人気の食材です。

でも、いざ食べようと思って切ってみると、割った断面が黒くなってしまっていることがあります。これは傷んでいるのでしょうか?

そもそもなぜ黒くなってしまうのか、食べても問題がないのかなど、アボカドにまつわる疑問にお答えします!これを読んで、上手に食べ頃のアボカドを選べるようになりましょう。

アボカドの黒い点と筋の正体

買ってきたばかりのアボカドでも、割ってみると黒い点や筋ができてしまっていることがあります。「せっかく買ったのに傷んでいたの?」と思われる方も多いかもしれませんが、これは傷んでいるのではありません。

例え黒い点や筋ができてしまっていても、アボカドの果肉自体が黄緑色をしていれば問題なく食べることができます。では、この黒い点と筋はなぜできてしまっているのでしょうか。

なぜ黒く変色するの?その理由とは?


まず黒い筋ですが、これはアボカドの中心にある種子にミネラルなどの栄養素や水分を運ぶ維管束と呼ばれるものです。この維管束は黄緑色の果肉に比べると酸化しやすい特徴があるため、筋だけが黒く変色してしまうのです。

黒く変色してしまうのは、ポリフェノールと酸化酵素が空気に触れることでメラニン色素を作り出しているのが原因です。

メラニン色素は日焼けや肌のシミ、そばかすの原因としてもよく耳にしますよね。人間の肌も自然に作り出す成分なので、もちろん食べても問題はありません。

野菜や果物などが黒くなっていると、つい傷んでいるのかと思って捨ててしまいがちですが、アボカドの場合は傷んでいるわけではないので、うっかり捨ててしまわないようにしてくださいね。

アボカドは腐るとどうなる?

黒くなったり、筋ができているだけでは腐っているとは言わず、問題なく食べることができるアボカド。では、いったい腐るとどのようになるのでしょうか。ただ黒く変色した状態と、腐った状態の見分け方をご紹介します。

アボガドは腐ってくると、黒く変色するだけでなく、変なニオイがしてきます。そのようになってきた場合は、例え買ってきてまだ日がそれほど経っていないとしても、食べるのを控えましょう。

また、切ったときに実が崩れるほど柔らかくなりすぎている場合も腐っているので食べないでください。

部分的に黒い筋や黒い斑点ができている場合は、メラニン色素によるものであるため問題ありませんが、全体が黒くなっているのは腐っている証拠と言って良いでしょう。

新鮮なアボカドの選び方

お店でアボカドを選ぶ際はどのような状態のものを選べばいいのでしょうか。次の3つのポイントを覚えて、ぜひたくさん並んだアボカドの中からおいしいものを探してみてくださいね。

ヘタと皮の間に隙間がない

アボカドはヘタの方から熟していくので、ヘタの部分で熟し具合の判断ができます。指で押してみて、ぷよぷよするものやヘタが取れてしまっているものは避けましょう。

実の部分は空気に触れると酸化して黒くなるのですが、皮からは空気に触れないのでヘタと皮の間に隙間があるものは要注意です。実が空気に触れることができる状態なので傷みやすいアボカドです。

皮にハリと艶がある

皮に皺がなく、ハリと艶があるものは新鮮な証拠です。ハリと艶のないアボカドは収穫から時間が経って水分が減り、味が落ちています

また、部分的に皺になっているものは、その部分の実が黒くなり、崩れているものが多いので避けましょう。

皮の色が深緑と黒の中間

アボカドを買ってすぐに食べたい場合は、皮の色が適度に熟した色である深緑から黒のものを選びましょう。食べるのが数日先の場合は、緑のものを選び、自宅で追熟させて色が深緑になってから食べるとおいしくいただけます。

黒くなりにくい保存方法とは?

アボカドも果物のため、収穫したあとは適した環境で保存するかどうかで鮮度が変わってきます。せっかくならば、黒くならずに腐りにくく、よりおいしい状態を保てるように保存したいですよね。

アボカドを長期で保存するのに適した場所は冷蔵庫と冷凍庫です。ただ、どちらも買ってきたままの状態で保存するのではなく、少し手間をかけることでグッと鮮度が長持ちします。次に、その方法をご紹介します。

保存温度

まず気をつけなければならないのが保存温度です。アボカドは収穫後も追熟する果物なので、熟させたい時とこれ以上熟させたくない時とで保存温度が変わってきます。

追熟させたい時は18度から24度くらいの常温で保存してください。深緑から濃い緑ぐらいの色になれば食べ頃です。ただし、アボカドはそのままの状態で4.5度以下の場所に保存すると低温障害を起こして味が悪くなってしまいます。ですが、高い場合にも注意が必要で、27度以上の場所に保存すると今度は腐りやすくなってしまいます。夏場や冬場は少し注意してくださいね。

レモン汁をかけて冷蔵庫の野菜室で保存する

アボカドを冷蔵庫で保存するときは、空気に触れないよう密封するのがポイントです。一つずつラップで包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れて保存しましょう。これで熟しすぎを避けることができます。

冷凍庫で冷凍させて保存する

アボカドを冷凍する場合はそのままではなく、皮を剥いて種を取り、一口大に切ってください。そして冷蔵庫での保存と同様、レモン汁をかけてラップで包み、保存用袋に入れて冷凍します。

解凍方法は、食べる半日前ぐらいに冷凍庫から冷蔵庫へ移して自然解凍させます。ただ、冷凍させるとどうしても鮮度は落ちやすいので、そのまま食べるのではなくソースにしたり、ディップとして使うのをおすすめします。

食べ頃の目安

ちょうど良い食べ頃のものを選ぶのが難しいアボカド。また、好みやどういった食べ方をするかによっても、何を食べ頃とするかは多少変わってきますよね。一般的に、食べ頃のアボカドとはどのような状態のことを言うのでしょうか。

程よく熟したアボカドは皮が深緑から黒色をしています。調理方法によっても食べ頃とする固さは変わりますが、指で押したときに弾力があり、少し柔らかい状態がおいしい食べ頃と言えるでしょう。また、切ったときに果肉がクリーム色であれば、適度な熟し具合です。

皮に皺があったり実が茶褐色の場合は食べても問題ありませんが、残念ながら熟しすぎて食べ頃を逃してしまった状態ですので、ディップなど、ペースト状にして食べるのが良いでしょう。

切ったときに実が固かった場合は、電子レンジで1分程加熱してみてください。アボカドは加熱すると柔らかくなる性質があるので、少し加熱した後は加減を見ながら電子レンジで数秒加熱してください。

アボカドの賞味期限の目安ってどれぐらい?

おいしいアボカドの選び方や食べ頃の目安についてご説明しましたが、そもそもアボカドの賞味期限はどのぐらいなのでしょうか。もちろん買ってきたときの状態や季節によっても変わってきますが、目安を覚えて献立を考えるときの参考にしてくださいね。

常温で保存する場合

まず常温保存の場合です。アボカドは常温に置いておくと追熟し、その後、傷んできます。そのため適度に熟したらできるだけ早く食べるようにしましょう。目安としては、皮が緑の状態で買ってきた場合は2~3日程度、黒っぽいものを買ってきた場合は即日だと思ってくださいね。

冷蔵庫で保存する場合

次に冷蔵庫で保存した場合です。もちろん、そのままの保存ではなく先にご紹介した状態での保存を前提とします。適度に熟した状態になってから冷蔵庫に入れて4~5日を目安に食べてください。それ以上の期間保存すると皺ができたり、実が黒っぽくなってしまいます。

なお、カットしたアボカドの残りを保存する際は、切り口にレモン汁をかけてラップでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室へ入れるようにしましょう。さらに、真ん中にある大きな種はつけたまま保存すると空気が触れる面積が小さくなるので、さらに長持ちさせることができます。カットした後は2日以内に食べきってくださいね。

冷凍庫で保存する

最後に冷凍保存です。こちらも冷凍庫で保存する場合の前提は守った状態で、2週間から1か月を目安に食べてください。ただし、アボカドをペースト状にしてレモン汁をかけて密封した場合は数か月の保存が可能です。

栄養価の高いアボカドをおいしい状態でいただこう!

栄養価も高く、濃厚でクリーミー、大人も子どもも大好きなアボカドですが、黒い点や筋が出たら捨てていませんでしたか?また、アボカドを買いに行ったとき、なんとなく選んでいませんでしたか?

ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に、アボカドが腐っているかどうかを判断してみましょう。そしてより新鮮な状態のアボカドを選び、最適な状態で保存して、おいしく食べてくださいね。
▼食べられるとわかったら、さっそく調理♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

豆腐

いつでも買い求めやすい「豆腐」。ヘルシーで美容にも効果があり、使いやすい万能食材です。嬉しい栄養がたっぷりですが、気が付くと賞味期限が切れてしまった事もありますよね? 今回は、保存方法や長期保存可能な充填豆腐…

天ぷら 和食

天ぷらは時間が経つとしんなりしてしまって、微妙な食感に。揚げ方をひと工夫すれば、揚げたてがサクサクになるのはもちろん、食感をキープできることをご存じですか?今回は、素材別の最適な揚げ方、コツをご紹介します!

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

アボカド おつまみ

ガーリックはお酒の肴づくりには欠かせないアイテムですね。今回は、ガーリックと鷹の爪をきかせたアーリオオーリオのご紹介。タコとアボカドを使って、見た目も色鮮やかな一品です。フライパンひとつでできちゃいますよ♩

エビの背わたの簡単な取り方ってご存じですか?エビの背わたを取るために、殻をむいてしまっていませんか?今回は、背わたを上手に取る方法のほか、簡単な殻の剥き方、おすすめの下処理の仕方などをご紹介します。ぜひ参考に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ 揚げ物 まとめ

かき揚げをサクサクに仕上げたいのに油を吸収してボテッと重くなりがちなんて人も少なくないはず。ひと口食べたときにサクッといい歯ごたえが楽しめるかき揚げの作り方のポイントをまとめました。アレンジレシピも紹介します!

レシピ スイーツ ケーキ クッキー チョコレート

スキレットはオーブンで焼くケーキにも使える優れたフライパンです。焼いてそのままテーブルに出せるので超便利。そのスキレットで焼くジャーマンチョコレートケーキクッキーはケーキとクッキーが同時に味わえる甘〜いスイー…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る