ローディング中

Loading...

お菓子作りはもちろん、コーヒーや料理など食生活に欠かせない砂糖。同じ砂糖でも「上白糖」「グラニュー糖」など、種類はさまざま。どちらも砂糖ですが、その違いについてご存じですか?見た目、味や甘さ、使い方の違いなど、砂糖のアレコレをご紹介します!

グラニュー糖と上白糖って何が違うの?

砂糖を購入する際、「グラニュー糖」と記載されているものもあれば、「上白糖」と記載されているものもあり、混乱してしまった経験はありませんか。

どちらも同じ砂糖ですが、いったい何が違うのでしょうか?味なのか製法なのか、料理を作る際、レシピに「上白糖」と書かれていたのに、「グラニュー糖」を使ってしまった場合、お料理は失敗してしまうのでしょうか?

今回は、そんな砂糖にまつわる疑問や、さまざまな種類の砂糖についてご紹介します。

純度が高いのがグラニュー糖

そもそも、砂糖とは何からできているのでしょうか。砂糖とは、糖の結晶で、多くの場合、サトウキビやサトウダイコンなどの絞り汁を精製し、結晶化して作る天然の甘味料です。

一言で砂糖と言っても、その原材料や製法により呼び名は異なってきます。なかでも、最も一般的な砂糖である「グラニュー糖」と「上白糖」についてみていきましょう。

グラニュー糖とは

一般的に、砂糖というとこの「グラニュー糖」を指す場合が多いでしょう。先述の通り、砂糖はサトウキビやサトウダイコンの絞り汁を精製し、結晶化して作ったもの。加熱精製することでブドウ糖と果糖が結晶化し、結晶化したショ糖が抽出されます。

このショ糖の純度が最も高いものがグラニュー糖です。クセのない甘さが特徴で、お菓子作りに向いているとされています。

上白糖とは

海外では砂糖=グラニュー糖となる場合が多いのに対し、日本では砂糖=上白糖が一般的です。

上白糖はグラニュー糖に比べると純度が低く、作る過程においてショ糖を果糖とブドウ糖に分解した転化糖が加えられます。グラニュー糖と比べるとしっとりとした質感が特徴です。煮物などのお料理に適したお砂糖といえます。
▼お塩についての記事はこちら

甘いのはどっち?

グラニュー糖と上白糖の違いについてご紹介しました。これまでどう違うのか混乱していた方もいらっしゃったのではないでしょうか。これら2つの違いは製造工程にあったのですね。そんなグラニュー糖と砂糖ですが、甘みやカロリー面での違いはあるのでしょうか。

カロリー

100gあたりのグラニュー糖と上白糖の、一般的なカロリーは下記のになります。

・グラニュー糖 387kcal
・上白糖    384kcal


メーカーによって多少違いはありますが、それほどカロリーは変わらないようですね。甘みに関して言うと、グラニュー糖の方が糖度は高いものの、甘みを強く感じるのは上白糖という人が多いでしょう。

代用したい時の分量

一般的に、お菓子作りや飲料用としてはサラサラとしていて香りがよいグラニュー糖、料理用としては上白糖がよいとご説明しました。ですが、お菓子を作りたいのに上白糖しかない場合や、その逆の場合もありますよね。そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

先述の通り、カロリーについては上白糖もグラニュー糖もほとんど差がありません。また、甘みについても上白糖の方が多少強く感じられるものの、それほど大きな差はありません。そのため、代用する際も本来使うべき量と同量を加えて使用して大丈夫ですよ。

三温糖とは何が違う?

三温糖というお砂糖はご存じですか?お菓子や和風の煮物レシピによくみかけるお砂糖です。真っ白な上白糖やグラニュー糖と比べると、茶色く色がついており、何となく健康そうなイメージがある三温糖。この三温糖と他の砂糖とは何が違うのでしょうか。

三温糖は、上白糖やグラニュー糖を作ったあとの液を煮詰めて作られます。煮詰めていくうちにカラメルのように焦げてしまうため、ほんのりと茶色がかっているのです。栄養面だけでなくカロリー面においても、グラニュー糖や上白糖と大きな差はありません。ちなみに、三温糖の100gあたりの一般的なカロリーは382kcalです。

それぞれどんな料理に向いてるの?

代表的な砂糖の特徴やカロリーについてご紹介しました。カロリーや栄養面においてはどの砂糖もそれほど差はないものの、やはり風味や食感は異なります。そのため、砂糖によって向き不向きの使い方があります。どの砂糖にどの使い方が向いているのか、順番に見ていきましょう。

砂糖といえば上白糖

先述の通り、日本で砂糖と言うとこの上白糖のことを指す場合が多いです。グラニュー糖と比べるとしっとりとしており、きめが細かくコクがあるのが特徴です。お菓子作りはもちろん、料理など幅広い用途に使うことができます。焼き物に使った際、グラニュー糖と比べると焼き色がつきやすくなります。

おかし作りにはグラニュー糖

上白糖と比べるとさらさらとしており、香りが良いグラニュー糖は、お菓子作りやコーヒー、紅茶などの甘味としておすすめです。

クッキーをグラニュー糖を使って作った場合、上白糖を使って作った場合とくらべるとサクッと軽い食感に仕上がります。とはいえ、上白糖を使った場合でもお菓子が上手にできないわけではありません。しっとりと重めの食感が好みの方は上白糖を作って作った場合の方がおいしいと感じるかもしれません。

煮物や照り焼きには三温糖

上白糖やグラニュー糖と比べるとコクがある三温糖は、煮物や照り焼きにおすすめです。まろやかで優しい味わいに仕上がりますよ。鶏の照り焼きやかぼちゃの煮物、肉じゃがなど、素材の甘みを生かしたいお料理に向いています。

黒糖の代わりになるきび糖

昨今の健康ブームにより、スーパーなどでも見かけることが多くなったきび糖。見た目は三温糖とあまり変わりませんが、何が違うのでしょうか。

三温糖がサトウキビやサトウダイコンの抽出液から作られているのに対し、きび糖はサトウキビの抽出液から作られたものについてのみ言います。サトウキビ本来の優しい甘さが特徴で、黒糖に似た味をしています。

三温糖の茶色は煮詰めることによって作られたものですが、きび糖の茶色はサトウキビが本来持っている天然のもの。精製されていないため、ミネラルも豊富です。

体を温めてくれるてんさい糖

健康に良い砂糖として使う人が増えているてんさい糖サトウダイコンを原料に作られた砂糖です。てんさいは寒い地域で取れるため、からだを温める作用があります。また、オリゴ糖が豊富に含まれているため、調整作用によいとも言われています。

カロリーは先にご紹介した砂糖との差はありませんが、少量でも甘みを強く感じられるため、ダイエット中の方にもおすすめです。

コーヒーに合う砂糖

それぞれの砂糖の特徴についてご紹介しました。お菓子や料理として使う場合は基本的には砂糖によって大きく味に差がでるわけではありません。しかし、コーヒーや紅茶など、ダイレクトに味を左右する飲用として使う場合には好みが分かれるでしょう。

使いやすさで言うと、さらさらとしていて溶けやすいグラニュー糖がおすすめです。上白糖や三温糖でもよいのですが、グラニュー糖は香りも良いため、選べるのであればグラニュー糖が適した甘味でしょう。

ちなみに喫茶店やホテルなどでよく見かける角砂糖はグラニュー糖を固めたものです。

相性のよいお砂糖でおいしいお料理を

さまざまな砂糖のについていかがでしたか?一言で砂糖と言ってもその種類は豊富であることが分かりましたよね。甘さをつけるための目的であれば、どのお砂糖を使っても味を損ねるほどの失敗は少ないでしょう。

しかし、スイーツや煮物など、それぞれのお料理と相性のよいお砂糖を使うことで、よりよいでき栄えになりますよ。今回の情報を参考に、よかったら砂糖の使い方を工夫してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大さじや小さじは料理するときに便利なアイテム。レシピでもよく見かけますよね。でも、大さじや小さじが家にない場合は、どれくらいの量を足したらよいんでしょう?大さじと小さじの分量の違いなど、大さじ小さじがなくても…

トリュフ きのこ レシピ まとめ

皆さんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」の一つ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどを…

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

たまご

ゆで卵は簡単な料理に思えますが、水から作る場合、お湯から作る場合で茹で時間が異なります。今回は、ゆで卵を水から作る際の茹で時間や、基本の作り方をご紹介します。簡単、時短、失敗しにくい!これで、いつでもおいしい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

マヨネーズ お好み焼き

キレイな模様や絵をマヨネーズで描く、「マヨアート」。見る人を驚かせるとっても楽しい見た目は、写真映えもよくて、SNSなどでも人気です。そんな美しくておいしいマヨアートの世界を、ちょっと覗いてみませんか?

まとめ

「浜焼き」が食べたい!そんなときは迷わず千葉を目指して!千葉には海鮮浜焼きが食べられるかなや、まるはま、などおすすめ店がたくさんあるんです。食べ放題ができるお店もあるので、たっぷりと楽しめますよ。新鮮な海の幸…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る