ローディング中

Loading...

ハワイのソウルフード「ロコモコ丼」。グレイビーソースとお野菜をたっぷり添えてお弁当にしちゃいましょう。今回は、ロコモコ丼の基本的な作り方を紹介しますので、アレンジレシピを参考にお弁当として作ってみましょう。

ロコモコ丼ができたきっかけとは?

ロコモコ丼はハワイ料理のひとつです。ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せてグレイビーソースをかけた、ハワイのソウルフードです。「ロコ」は英語の「local」、「モコ」はハワイ語で「混ぜる」といった意味があります。

ロコモコ丼は、1949年にハワイの小さな食堂で生まれました。日系人のナンシー・イノウエが、お腹を空かせた学生のためにボリュームのあるメニューを考案したことがきっかけと言われています。それがいつの間にかハワイ全土に広まり、今や日本のカフェなどでも食べられるようになりました。

日本ではグレイビーソースをデミグラスソースにしたり、ご飯を雑穀米にしたりとアレンジをして提供するお店もあります。今回は、ロコモコ丼の基本的な作り方や、アレンジレシピを紹介します。

ロコモコ丼の基本的な作り方

ロコモコ丼の作り方はとっても簡単です。ハンバーグと目玉焼きさえあれば、あとはご飯の上にのせるだけ。前日の残りのハンバーグがあればあっという間に完成です。

材料

・ハンバーグ
・卵
・つけ合わせに必要な野菜(レタスやトマトなど)
・グレイビーソース

作り方

ご飯を器に盛ったら、牛豚合挽き肉、玉ねぎのみじん切りなどで作ったハンバーグと目玉焼きを盛り付けます。そこへ、キャベツやレタスなどの野菜を添えてソースをかけたらできあがりです。

本格的なグレイビーソースのレシピ

味の決め手となるグレイビーソースですが、コツをおさえれば誰でも失敗なく作れます。ハンバーグを焼いたあとのフライパンに残った肉汁がポイント!その中にバター入れて溶かし、小麦粉の粉っぽさがなくなるまで炒めたら、水やウスターソースを加えるだけで完成です。

「ロコモコ弁当」のアレンジレシピ10選

市販のハンバーグで簡単ロコモコ弁当

ハンバーグを作るのが面倒な時は、市販のハンバーグを使いましょう。忙しい朝でも簡単にロコモコ弁当が作れちゃいます。

ハンバーグを温めたら、あとは目玉焼きを作ってソースをかけるだけ。ソースも、ケチャップとウスターソースを混ぜるだけなので手間いらずです。彩りにほうれん草とベーコンを炒めて添えると、見た目だけでなく栄養価もばっちり。

ヘルシーな豆腐ハンバーグでロコモコ弁当

豆腐ハンバーグを使ってヘルシーなロコモコ弁当を作ってみましょう。ダイエット中でも満足感のあるお弁当が食べたい時に最適です。豆腐ハンバーグは、食べる時に電子レンジで温めなおしても固くなりにくいのがうれしいポイントです。

作り方は、挽肉の半量を水切りした豆腐に置き換えるだけで、あとの工程は通常のハンバーグと同じです。

オリジナルデミグラスソースでロコモコ弁当

ロコモコはグレイビーソースを使うのが基本ですが、バターを加えたり、小麦粉を炒めたりと、ちょっと手間がかかりますよね。もっと手軽に、それでいて本格的なデミグラスソースを作るならこちらのレシピがおすすめです。

ハンバーグを焼いた後のフライパンに、ケチャップ、ソース、砂糖、コンソメ、水を加えて煮詰めるだけ。ハヤシライスのルーを少し入れるとさらにコクが出ますよ。

子供が喜ぶ!リラックマのロコモコ弁当

ロコモコ弁当をキャラ弁にしてみませんか?手が込んでいるようで実は簡単なこちらのレシピ。ハンバーグと目玉焼きに、海苔とチーズで顔をつけるだけ。目玉焼きはフタをしないで焼くときれいな色に仕上がるそうです。

普通のロコモコ弁当にちょっとひと手間加えるだけで子供が喜ぶキャラ弁のできあがりです。ハンバーグは市販のものを使用すれば時間短縮になりますので、忙しい朝でも作れそうですね。

ミートソースと目玉焼きでロコモコ弁当

ハンバーグを作る時間がない時は、ミートソースで代用することも可能です。ハンバーグもミートソースも材料はほぼ同じなので、味的には大差ありません。

作り置きしておいたミートソースがあればさらに時間の短縮に。あとは目玉焼きを作るだけなのでとっても簡単にロコモコ弁当が完成しちゃいます。ハンバーグよりもご飯とのなじみがよいので、食べやすさの面でもおすすめのレシピです。

半熟卵を使ってロコモコ弁当

目玉焼きの代わりに半熟卵を使ってロコモコ弁当を作りましょう。卵の切り方を工夫すればとってもかわいらしいお弁当になりますので、お子様のお弁当にもぴったりです。

半熟卵の上手な作り方は、フライパンにお湯を張り5~8分沸騰させます。あとは火を消してしばらく放置するだけなので、その間にほかのことができるというメリットがあります。忙しいお母さんにおすすめのレシピです。

ミートボールを使ってロコモコ弁当

ハンバーグの代わりに、ミートボールはいかがでしょうか。ひと口サイズなので食べやす
いです。目玉焼きもミートボールの大きさに合わせて、うずらの卵で作りましょう。ミートボールのたれをソースとして利用するので、グレイビーソースやデミグラスソースを作る手間もありません。最後にプチトマトを添えればかわいいロコモコ弁当のできあがりです。

メイソンジャーでロコモコ弁当

メイソンジャーを使えば、おしゃれなロコモコ弁当が作れます。持ち運びにもとっても便利ですよ。

ハンバーグ、野菜、ご飯を層になるよう詰めていきます。お好みでチーズもプラスするとよいでしょう。最後に瓶の大きさに合わせてカットした目玉焼きをのせて完成です。ブラックペッパーをふるとさらに味がしまります。

照り焼きソースが合う!お魚の和風ロコモコ丼

こちらのロコモコ丼は、イワシや野菜をミキサーで撹拌(かくはん)して調味料で味付けしたハンバーグを使っています。醤油やみりんで作った照り焼きソースで食べましょう。お魚をお弁当のおかずとしてとり入れたいときは、ハンバーグにしてロコモコ丼でいただくのがおすすめです。

時短レシピ!焼肉でロコモコ弁当

ハンバーグって意外と作るのに手間がかかったりしますよね。挽肉をこねたり成型したりするのが面倒なときは、ハンバーグの代わりに焼肉をのせちゃいましょう!

牛肉をフライパンで炒め、しっかりめに塩コショウをふります。あとは目玉焼きと一緒にご飯の上に盛り付けるだけの時短レシピです。食べるときに焼肉のタレをかけましょう。塩コショウを多めに振ることで、冷めてもおいしいロコモコ弁当になりますよ。牛肉ではなく、豚肉を使用してももちろんOKです。

野菜やソースを工夫してみよう!

ハンバーグがメインのロコモコですが、目玉焼きや野菜、トッピングを工夫することで、さらにいろいろとアレンジができちゃいます。

いろいろな野菜を使って

こちらは、旬の野菜を使ったロコモコ弁当です。トマトやレモン、トウモロコシなどを添えると彩りが豊かになって、さらにおいしそうに見えますよ。ソースがレタスにしみ込んで、ちょうどいい具合にしんなりします。つけ合わせの葉物野菜は、キャベツでもいいですが、レタスのほうがおすすめです。

マカロニサラダを添えて

ハワイで食べるロコモコにはマカロニサラダが添えられていることが多いです。本場の味を目指すならぜひマカロニサラダを一緒に入れましょう。

目玉焼きをハート型に

目玉焼きをハート型にするだけで、かわいらしいロコモコ弁当に早変わり。恋人や旦那さんへのお弁当におすすめです。

おしゃれな盛り付け例をご紹介

せっかくロコモコ弁当を作るなら、おしゃれなお弁当にしたいですよね。おすすめの盛り付け例をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

曲げわっぱに入れる

曲げわっぱのお弁当箱を使うと、ぐっとおしゃれ感がアップしますよ。

曲げわっぱは少々高値ですが、吸湿性と殺菌性に優れているので、お弁当箱としては大変おすすめです。何よりもお弁当がワンランクおいしそうに見えます。お手入れも意外と簡単なので、これを機におひとついかがですか?

「おにぎらず」にしてみる

巷で話題の「おにぎらず」。ロコモコ弁当も「おにぎらず」にしてみてはいかがでしょうか?食べやすさと持ち運びにとても便利です。

ラップの上に海苔を置いてご飯とハンバーグ、目玉焼きをのせます。ソースをかけたら四隅を折り畳み、包丁で半分に切って完成です。

カップライスにする

こんな風にプラスチックのカップに入れると、クリスマス会やお誕生会、ハロウィンパーティーなどで大活躍!そのままお持ち帰り用にできるので、お土産としてお持たせすることもできちゃう優れものです。運動会のお弁当としてもおすすめですよ。
また、あとからもりつけるハンバーグや目玉焼きのことを考えてご飯は平らに入れておきましょう。真ん中に目玉焼きを盛り付けて、ほかの食材で周りをきれいに彩ってくださいね。

ロコモコ以外のおかずを入れたいときは、ご飯をへこませて、そこにおかずが入った容器をプラスする方法がありますよ。ぜひ試してみてください。

ロコモコ弁当を作ってみよう!

簡単で見栄えもしちゃうロコモコ弁当。ほかにおかずを作らなくても十分ボリュームがあるので重宝できるレシピです。お野菜を沢山入れれば、栄養の面でも安心ですよね。市販のハンバーグやソースを使えばさらに簡単。手抜きとは思えないおいしそうなお弁当が短時間でできちゃいます。お子様や恋人へのお弁当のバリエーションに加えてみませんか?ぜひお試しくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サンドイッチ 焼きそば レシピ

少し変わったサンドイッチを作ってみたい。そんな時にぴったりな「厚焼きそば玉子サンド」のレシピをご紹介します!ふわふわ玉子と焼きそばの相性はバッチリ!結構ボリューミーなので、男性の方にも喜ばれると思います。お弁…

レシピ 鶏肉

漬けてレンジで加熱するだけで、簡単に作れる「しっとり本格よだれ鷄」のレシピをご紹介します。名前の通り、想像するだけでよだれが出てきそうなくらいおいしいですよ♩ピリ辛ダレがよく合う、本格的で豪華な料理です!

レシピ

今回は、歯ごたえのいいカリカリ梅入りのタルタルソースを使った「梅しそタルタルのフィッシュ南蛮」のレシピをご紹介!食感が楽しいだけでなく、旨みだって大幅アップ♩むずかしい工程なしで作れるので、ぜひ今晩のお夕飯で…

チーズ ココア レシピ

お正月のお餅、余っていませんか?今回ご紹介するのはそんなお餅で簡単にスイーツを作れるレシピ!クリームチーズのとろっとした口どけとお餅のモチモチとした食感は、まさに絶妙……!ぜひとも…

レシピ

ロールキャベツのようにくるくる巻いて、楽しく簡単に作れる「きつねロール」の作り方をご紹介します!家に余ったお餅と油揚げを使えば、自宅ですぐに作れますよ♩もちもちのお餅と、油揚げにお出汁がじゅわっと染みて絶品で…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ スイーツ プリン まとめ

冬になると土鍋を食器棚から出すという人もいるのではないでしょうか?なんと鍋料理以外の場面でも土鍋は活用できるんです。スイーツやパンなどの簡単レシピを紹介します。土鍋がせっかく出ているのに、鍋だけではもったいな…

レシピ まとめ お弁当 寿司

巻き寿司は子供も大人も好きですよね!色目も美しいしおいしいし、お花見を始めとしてこれからの行楽シーズン、お弁当に入れるのもいいですね。皆さんの工夫をこらしたレシピをご紹介します。是非参考にしてみてくださいね☆

レシピ おつまみ お弁当 アレンジレシピ まとめ

スーパーやコンビニで手軽に入手できる安くておいしいカニカマ♪おつまみとしてそのまま食べたり、サラダにのせる以外にも実はとってもアレンジ豊富なんです!意外とカロリーも低いのでダイエット中でも安心の食材、カニカマ…

トースト サラダ まとめ レシピ

トーストとサラダの組み合わせが、密かに話題上昇中です♪前日の残りのサラダでももちろんOK!いつものトーストが栄養満点のボリュームプレートに早変わり!?野菜もお肉も一気にのせて、ガブッと食べちゃいましょう☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

レシピ スイーツ アメリカ パイ まとめ

ウーピーパイはアメリカの北東部のアーミッシュのお菓子として、古くから愛されてきました。クッキー、パイ、ケーキとも言える焼き菓子にバタークリームや生クリームを挟んだだけの素朴さが根強い人気を保ち続けています。家…

スイーツ カップケーキ レシピ チョコレート

「ブラックフォレスト」とはドイツ発祥のお菓子。チョコレートとチェリーを使って作るケーキのことです。見た目もちょっと大人な雰囲気で素敵!ブラックフォレストのスムージーのレシピもご紹介しますので作ってみてください…

pomipomi

食べるのも作るのも大好き!ついでに美味しい食べ物に関する情報集めも...