元祖ハヤシライスの「早矢仕ライス」を実食!

Photo by 島田 みゆ

1,180円(税込)
こちらがマルゼンカフェの一番人気、豚肉を使った昔ながらの「早矢仕ライス」。ソースのいい香りが漂ってきます。かなり深い茶色で、濃厚なのがひと目でわかりますね。

Photo by 島田 みゆ

口にした瞬間、つい顔がほころんでしまうおいしさ!

肉や野菜のうまみがぎゅっと凝縮された、深いコクが特徴的。フルーツが溶け込んでいるので、甘みのなかにアクセントとしての酸味があり、デミグラスソースならではの風味も感じます。

手間ひまかけられたソースだからこその、複雑で濃厚な味わい。この味を求めて何度も足を運ぶ気持ちがよくわかります。

おうちでハヤシライスをおいしく作るコツ

今回は特別に、家庭のハヤシライスを少しでも本格的な味にするコツについて、店長に伺いました。

Photo by 島田 みゆ

1. 決め手のデミグラスソースは缶詰で代用

及川:炒めた豚肉とタマネギが煮込まれて旨味がしっかりと溶け出したデミグラスソースが、ハヤシライスの味の決め手。ただ、家庭で一から作るのは大変なので、市販の缶詰を使ってみてください。単体でしっかり味が完成されているので、いつもより本格的になると思います。
2. フルーツチャツネやケチャップで甘みを出す

及川:「早矢仕ライス」のような甘みを出すために、フルーツチャツネを適量入れてみてください。フルーツの濃厚な甘みで、コクをプラスすることができますよ。コクが足りない場合は、ケチャップを加えてもいいと思います。

Photo by 島田 みゆ

早矢仕オムライス 1,380円(税込) ▲ハヤシライスのソースはアレンジでも大活躍。「マルゼンカフェ」2番人気は、このハヤシソースを使った「早矢仕オムライス」です。ふんわりかつしっとりした卵と濃厚ソースが、ベストな組み合わせ

Photo by 島田 みゆ

新厨房楽レトルトパック ギフトボックスセット 2人前 1,404円(税込) ▲メニューには牛肉を使った早矢仕ライス「プレミアム早矢仕ライス」も。こちらは文具フロアにてレトルトも販売中。本棚にある辞書のようなパッケージデザインは、書店ならでは

元祖ハヤシライスは、心も身体も満たされる料理

当初は、栄養食的な位置づけで食べられていたハヤシライス。その深い味は私たちの身体も心も満たしてくれます。

おいしいものでじんわりと元気をもらいたい……そんなときにぴったりなのが、ハヤシライスなのかもしれません。

取材撮影・執筆:Miyu Shimada
これまでの連載はこちら▼
店舗情報
※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ