ライター : mayaco

地域の魅力を伝えたいライター

東京多摩地域が好きな、食いしん坊ライター。日々だいたい食べ物のことを考えてる。最近ハマっているのはフォトウォーク。自然、街並み、おいしいものを撮りながら、お散歩するのが大好…もっとみる

スイーツの激戦区「吉祥寺」

東京都武蔵野市に位置する吉祥寺駅周辺は、多数の店舗がありながらも、井の頭公園をはじめ緑も多い街。

中央線と京王井の頭線が通っていて都心へのアクセスが良いので、お出かけにも暮らしにもちょうどいい街として人気です。話題のカフェが軒を連ねる激戦区でもあり、人気店には連日行列ができています。

【南口エリア】吉祥寺おすすめスイーツ3選

1. レトロな雰囲気が人気「ゆりあぺむぺる」

Photo by mayaco

吉祥寺駅南口から徒歩1分。歴史を感じるレトロな建物で、平日でもランチ時は外に列ができている人気店です。

店内はアールヌーボーのランプがやさしく照らす、心地よい雰囲気。一歩足を踏み入れると、タイムスリップしたような非日常空間が広がっています。店内は1階と2階があり、アンティーク調のインテリアが、ゆったりと落ち着いたひとときを演出してくれます。

ラピスラズリ

Photo by mayaco

850円(税抜)
「ゆりあぺむぺる」の人気メニューといえば、色あざやかなクリームソーダ!バニラアイスがグラスいっぱいに入っていて、食べ応え十分です。ザクロやライチ、キャラメルソーダなど、珍しい味が楽しめます。

写真は瑠璃という意味のラピスラズリ。味はブルーハワイにレモンの酸味が加わったようなさわやかな味わいです。ケーキや本格コーヒーも種類豊富なので、何度訪れても飽きない名店ですよ。
店舗情報

2. 土日祝日しか営業していない人気店「L'EPICURIEN(レピキュリアン)」

吉祥寺駅南口から井の頭公園方面に徒歩3分。ドン・キホーテ横を入った小道にあります。

数々のメディアで紹介され、吉祥寺を代表する洋菓子店のひとつといえる「L'EPICURIEN(レピキュリアン)」。土日、祝日しか営業していない名店です。フランスの二つ星レストランでシェフ・パティシエを務めた金子哲也氏が1996年にオープンしました。

フレジエ、ミルフィーユ

450円、520円(各税抜) 左「フレジエ」、右「ミルフィーユ」
一番人気は見た目もかわいらしいミルフィーユ!サクサクのパイとなめらかなクリーム、アクセントに酸味のあるベリーが相性抜群です。

商品の並ぶタイミングが日によって違うので、どのケーキと出会えるかはその日の運次第だとか。訪れるたびに新しい出会いを楽しめます。

「レピキュリアン」はケーキ以外に、チョコレートや焼き菓子の種類も豊富です。プレゼントや手土産に喜ばれそうですね。
店舗情報

3. 素材を生かしたフローズンヨーグルト「ウッドベリーズ」

Photo by mayaco

吉祥寺駅南口から井の頭公園方面に向かって徒歩2分。丸井吉祥寺店の目の前にあり、吉祥寺に来たことがある人なら、一度は見たことがあるのではないでしょうか?木目調でかわいらしい雰囲気のお店です。

自家発酵の手作り生フローズンヨーグルト専門店なんて珍しいですよね。使用しているフルーツは契約農家から仕入れているこだわりっぷり!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ