ライター : 3_ori

グルメライター

旅行と美味しいものが大好きな都内在住のOLライター。休日はよく都内でパン屋さん巡りとカフェ巡りをしています。パン好きが高じて家でもパン作りに励む日々。

1. 愛され続ける老舗ベーカリー「神戸屋キッチン アトレ吉祥寺店」

Photo by 3_ori

「神戸屋キッチン」は、老舗ベーカリー「神戸屋」が展開するブランドのひとつで、アトレ吉祥寺店はアトレ吉祥寺本館1階に店舗を構えています。吉祥寺のほかにも、主要駅を中心に出店し、その数は約20店舗ほど。

「神戸屋」は、なんと2018年で創業100周年を迎えました。“パンのおいしさ、楽しさを多くのお客様にお届けしたい”という創業者の想いが継承され、現在も多くの人々に愛され続けているんですよ。

神戸屋づくり 輝き生食パン

Photo by 3_ori

1本:907円、1/2本:454円(すべて税込)
店内には、本格的なヨーロッパ伝統の窯があり、毎日パンを手作りしています。食事パンだけでなくペストリーやパイ、サンドイッチなども絶品のため、幅広く利用できますね。

おいしい食パンが食べたい!というときは「神戸屋づくり 輝き生食パン」を買ってみてはいかがでしょうか。「神戸屋」の食パンでも人気商品の生食パンです。クリーミーでまろやかな口どけが特徴で、焼かずに食べてもおいしいですよ!
店舗情報

2. 注目を集める話題店「ル・グルニエ・ア・パン アトレ吉祥寺店」

Photo by 3_ori

「Le Grenier a Pain(ル・グルニエ・ア・パン)アトレ吉祥寺店」は、2022年4月にアトレ吉祥寺本館2階にオープンしたベーカリーです。フランス発祥のベーカリーで、2013年に日本1号店を麹町にオープン。

「ル・グルニエ・ア・パン」は、パリ バゲットコンクールで優勝をしたことのある実力派として名を馳せています。麹町店とアトレ恵比寿店は、食べログのパン百名店に選出されたことも!そんな人気店がアトレ吉祥寺にも出店するとなり、オープン前から話題になりました。

バゲット

Photo by @yuuichironezu

1本:410円、1/2本:205円(すべて税込)
コンクールで優勝した「バゲット」は欠かせません!フランス産小麦を100%使用しており、噛み応えがありながらも、しっとりとした食感に舌鼓を打つでしょう。

ほかにも、バゲットサンドイッチやバゲット生地を使ったハード系のパンも多く用意されています。自分好みのパンを見つけてみましょう。
店舗情報

3. 街のベーカリー&ビストロ「ブーランジェリー ビストロ エペ」

Photo by @imo_kuri_kabochan

「Boulangerie Bistro EPEE(ブーランジェリー ビストロ エペ)」は、吉祥寺駅南口から徒歩3分ほどの場所にあります。落ち着いたベージュ色の外観は、ヨーロッパのビストロの雰囲気が漂い、期待が膨らみますよ。

店内はおしゃれな空間が広がっています。たくさんの種類のパンが所狭しと並んでいて、目移りすること間違いなし!

コンプレあんバター

Photo by @umauma__log

240円
ハード系のパンからスイーツ系のパンまで取りそろえています。その日の気分によって好みのパンを見つけてみましょう!

おすすめは「コンプレあんバター」。“コンプレ”とは、フランス語で「完全な」という意味で、小麦を皮ごと挽いた全粒粉を使ったフランスパンの一種です。もちもち食感の生地は素朴な味わいで、あんバターの甘じょっぱさと相性抜群!

ビストロも併設しているため、ランチやディナーを楽しんだあとに、パンを買って帰るのもいいですね。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ