ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

マニアの定番。「クラシコ トマト&バジル」トマトソース

Photo by akiharahetta

1,180円(税込)
「クラシコ トマト&バジル」は、コストコマニアの間では定番中の定番商品。長く愛されているロングセラーでもあります。

アメリカ産のトマトソースで、3瓶がワンセットになったトリプルパックです。輸入しているのはKraft Heintz(クラフトハインツ)日本株式会社。レトロでおしゃれなパッケージが人気の一要因でもあります。

トマトの果肉がゴロゴロ。フレッシュでジューシー

Photo by akiharahetta

ソースはトマトの果肉がゴロゴロ入っており、ところどころにバジルが見えます。とてもフレッシュで、トマトのジューシーな味わいが存分に楽しめるパスタソースです。

ひと瓶907gとたっぷりサイズながら、おいしさとコスパの高さで支持され、一度使ったら手放せないとリピート多数のひと品なんですよ。

実際にパスタを作ってみよう!

Photo by akiharahetta

それでは「クラシコ トマト&バジル」を使って、実際にパスタを作っていきましょう。おいしい作り方を、愛用歴5年のコストコマニアが解説いたします。

まずは普段通りにパスタをゆでてください。ゆで時間は表示より2分短くしましょう。塩をしっかりきかせるのがポイントです。はっきり旨みを感じるまで塩を入れてゆでてくださいね。

ベーコンを足すのがおすすめ!

Photo by akiharahetta

「クラシコ トマト&バジル」の原材料は、トマトと野菜、食塩、オリーブ油です。コクを出すためにはベーコンを加えるのがおすすめ。

オリーブ油でベーコンを炒め、香ばしい香りが立ったら「クラシコ トマト&バジル」をたっぷり加えて少し加熱してください。ほどよく水分が飛んだら完璧なパスタソースの完成です。お好みでにんにくを一緒に炒めてもいいですよ。

ゆでたてパスタをフライパンへ

Photo by akiharahetta

2分早く湯からあげた硬めのパスタをフライパンに投入。ソースを吸わせるように手早く混ぜ合わせていきましょう。コツはソースの量をケチらないこと。薄味パスタに仕上がらないよう、トマトソースはたっぷりめに使用してくださいね。

ソースをよく絡めて完成

Photo by akiharahetta

1分ほど混ぜるとソースがパスタに入り込み、ソースの水っぽさが消えます。このタイミングでお皿に盛ってください。コシのあるツヤツヤなトマトパスタの完成です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ