6.【東京・吉祥寺】「piwang(ピワン)」ど海老カレー

Photo by piwang

689円(税込)
さまざまなカレーの名店の味を忠実に再現したことで話題を集め、飛ぶ鳥を落とす勢いの「36 chambers of spice(チャンバーズ・オブ・スパイス)」による傑作。

吉祥寺イチの行列カレー店として名を馳せる「Piwang(ピワン)」の定番カレーが、待望のレトルト化です。

Photo by piwang

「ど海老カレー」の名にふさわしい、いや、想像以上の「ど海老」感。吉祥寺の小さな人気店の味がレトルトで全国に販売されるなんて、素晴らしい時代になったものです。

もうひとつの定番「黒胡麻担々キーマカレー」のレトルトもそろえて、写真のような“ピワン盛り”で楽しみましょう。
詳しくはこちら▼

7.【東京・新宿】「エピタフカレー」ケララ風チキンカレー

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

660円(税込)
新宿ゴールデン街での間借りカレーブームの先駆け「エピタフカレー」。2020年ついに実店舗デビューしたかと思えば、瞬く間にレトルトカレーを発売するまでに。

レトルトになったのは、間借り時代からの定番であるケララチキンです。

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

ココナッツミルクを用いつつも、ビシッと決まった酸味と、マスタードシードたっぷりのスパイシー加減。エピタフらしさがしっかり堪能できます。

ゴロッと大胆に入った鶏むね肉の食感も素晴らしく、驚きの再現度です。
詳しくはこちら▼

8.【東京・荻窪】「馬来風光美食(マレーフウコウビショク)」ビーフルンダン

Photo by 馬来風光美食

1,070円(税込)
荻窪にあるマレーシア料理の名店「馬来風光美食(マレーフウコウビショク)」。

人気メニューのビーフルンダン(牛肉ココナッツ煮込み)が、なんとレトルトに。「36チャンバーズ・オブ・スパイス」によって見事に商品化されました。

Photo by 馬来風光美食

アメリカCNN局の「世界一おいしい料理TOP50」に選ばれたビーフルンダン。その真髄に自宅で触れることができます。

ボリュームたっぷりな肉に、ココナッツミルクと八角、スパイスを効かせた味わい深さは、一食の価値がありますよ。

9.【埼玉】「negombo(ネゴンボ)33」ラムキーマカレー

Photo by negombo33

785円(税込)
2018年、埼玉のカレー店としては初のJapanese Curry Awardsを受賞。ゆるぎない地位を確立した名店の看板メニュー・ラムキーマを、「36チャンバーズ・オブ・スパイス」が完全再現しました。

Photo by negombo33

羊特有の旨み、辛さ、塩味の独特なバランス、そして別添の花椒……お店で食べるのと何ら遜色ないクオリティ。我が家の常備品のひとつです。

10.【神奈川】「珊瑚礁」湘南ドライカレー

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

280円(税込)
最後に紹介するのは、名店レトルトカレーのロングセラーとして、今なお大きな存在感を放つ名作です。

湘南の人気店「珊瑚礁(さんごしょう)」の「欧風ドライカレー」を再現したレトルトカレーで、生クリームを用いたリッチなコクが特徴。

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

マッシュルームやグリンピースで食感の変化もついており、いつ食べても素直にうまい!と思える素晴らしいひと品なんです。

私が「マツコの知らない世界」(TBSテレビ)のドライカレー回に出演した際にも、しっかり紹介させていただきましたよ。

レトルトで全国カレー巡り!

この10食を制覇したとき、「日本のレトルトカレーはなんてすごいんだ!」と改めて感動することでしょう。

そしていつか、気に入ったお店へ実際に行ってみてほしいのです。そこにはまた、極上の感動が待っているのですから。
これまでの連載はこちら▼
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ