ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコで売れてる「ベジーマリア冷凍ブロッコリー」

Photo by akiharahetta

899円(税込)
コストコで人気の冷凍ブロッコリーがこちら!「Beggie Maria(ベジーマリア)冷凍ブロッコリー」です。ひと抱えほどの大きさで、倉庫店内冷凍ショーケースのなかでもひと際目立つ存在。内容量は2.27kgと大容量です。それでいて価格は899円(税込)と抑え気味で、コスパの高さが光ります。

摂れたてを生のまま冷凍

Photo by akiharahetta

ブロッコリーは、野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高い野菜。本品は、収穫したての新鮮なブロッコリーを急速冷凍したもの。栄養素がぎゅっと詰まっていると思われます。

産地はエクアドル。エクアドル産のブロッコリーは高地で栽培されるため、害虫が少なく高品質といわれています。カロリーは100gあたり34kcalです。

食べやすいサイズにカットされている

Photo by akiharahetta

ブロッコリーは食べやすくカットされています。ちょうどひとくちサイズで、そのまま使えて便利です。確認したところ、ほぼすべて同じ大きさでした。サイズがそろっていて使い勝手がよさそうです。

必ず加熱してから食べよう

Photo by akiharahetta

生のまま冷凍しているため、食べる際は加熱する必要があります。加熱方法は大きく分けて電子レンジ、ボイル、炒めるの3つです。

電子レンジ温めの場合、目安は100gあたり500wで2分30秒。加熱しすぎは食感を損なう原因になるので注意してください。ほかの方法でも同様です。必ず加熱してからいただいてくださいね。

おいしく食べるポイント

Photo by akiharahetta

ブロッコリーは保水力があります。緑の濃いもこもこした部分に水分がたくさん残っています。レンチン後、よく水切りするとおいしく食べられますよ。ザルでもいいですが、サラダスピナーがあるとさらに便利です。

ボイルはサッと。炒めるときは強火

Photo by akiharahetta

ボイルの場合はサッとゆで、その後レンチンと同じように水切りしてください。炒めるときは、水分を飛ばせる強火がおすすめ。弱火でゆっくり加熱すると、水分が出てべちゃっとしてしまいます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ