おすすめの食べ方

Photo by 丸山夏名美

まずはやっぱりトーストで食べてみたい!と思い、ピーナッツバターにブルーベリージャム、少々の岩塩、マーマレードをプラスして食べました。とにかく落花生の甘さが半端ない!ナッツならではの純粋な甘さとコクには驚きます。“朝はパン派”の方なら、贅沢美味なトーストが食べられる幸せな逸品だと思います。

Photo by 丸山夏名美

ずっと作ってみたかったジーマーミ豆腐に使ってみました。大好物で、幾つも食べてきたのにこんなことを言ってはなんですが……、今まで食べたなかで一番おいしい!これは腕ではなく確実に、素材がすごすぎるピーナッツバター(と鹿児島県の黒糖)のおかげです。素材変われば味は変わるということを実感しました。

Photo by 丸山夏名美

ピーナッツバタークッキーにもトライ!これまた、落花生の魅力を凝縮したような焼き菓子になりました。ピーナッツバターのしっとり感、やわらかな甘みとコクが生かされています。ほかにも例えばインドネシア料理のサテ、炒めもの、ドレッシングなど、使い道はいろいろありそうです。

商品情報

■販売者:株式会社HAPPY NUTS DAY
■商品名:無糖ピーナッツバター
■内容量:粒あり粒なしともに 110g/240g
■価格:110g 1,566円/240g 2,354円(各税込)

知らなかった!意外な名品が集まる関東地方

「日本の絶品調味料めぐり」第6回目は、関東地方からお届けしました。関東地方は、“こんなお醤油や七味あったの?” “納豆やピーナッツバターでこんなに美味でこだわりがあるものがあったの?”というような意外な名品ぞろいです。“隠れ名品”というのは、どの地域もまだまだあるのだと思います。そして、それを探すのが楽しみでもありますね。

第7回目、最終回(1/3)は北海道・東北地方より、食材が豊富な地域ならではの贅沢素材を使った名品4品をご紹介します。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS