ライター : 丸山夏名美

食いしん坊ライター

浅草に住んでいる食べ物とお酒が大好きなライター。「食は五感だけでなく、生まれた背景や雰囲気を含めて楽しむ」という信条から、食材やレシピに加え生産者のストーリー、テーブルウェ…もっとみる

第4回目は近畿地方から

Photo by shutterstock

こんにちは!浅草住まいの食いしん坊ライター、丸山です。全国の市場やスーパーをめぐり、各地の美食を探し尽くす筆者が、ご当地調味料を7日間に渡ってご紹介しています。

日本全国を7つのブロックにわけ、各地方のおすすめ調味料4品と、それぞれ3パターンの食べ方(全84食)をご提案。この年末年始は、おうちで全国各地に思いを馳せましょう!

▼前回の記事はこちら

今回ご紹介する絶品調味料は…

・太白純正胡麻油(三重県、九鬼産業株式会社)
・黒七味(京都府、株式会社 原了郭)
・旭ポンズ(大阪府、株式会社 旭食品)
・紀州しみずのぶどう山椒(和歌山県、ありだ農業協同組合)

大晦日、いつもの年越蕎麦にスパイスを……。お蕎麦自体も大事だけれど、薬味で味わいは大きく左右されます。かけるだけで味覚と嗅覚を刺激し、やわらかい深みを出してくれる「黒七味」、実のサイズだけでなく“旨しびれ”が格別な「ぶどう山椒」は、蕎麦の味を引き立てること間違いありません。また普通のお蕎麦が飽きたときに上品に油味をプラスできる「太白胡麻油」、そのまま“ぶっかけ”るのもよい「旭ポンズ」も、年越しを彩ってくれます。

【三重県】太白純正胡麻油(九鬼産業株式会社)

Photo by 丸山夏名美

「太白純正胡麻油」は、煎った“ごま”を使う通常の“ごま油”と異なり、生の“ごま”を搾って作られます。なんと2週間以上寝かせてきれいな上澄みだけを濾過して仕上げるそう。

“ごま”の香りやクセがほとんどなく、さらりとしていて揚げ物、炒め物はもちろん、洋菓子まで幅広く使えます。プロの料理人にもファンが多い逸品です。

おすすめの食べ方

Photo by 丸山夏名美

洋食に合うとのことなので、りんごのカプレーゼに。余計な雑味や香りが一切なく、とても“ごま油”を使ったと思えません。本当に上品な味わいです。

Photo by 丸山夏名美

こちらはまぐろをマリネにしてみました。“ごま油”がまぐろと醤油をやさしく包み込み、素材の味を引き立てています。

Photo by 丸山夏名美

最後は、バターの代わりに“ごま油”を使ったフィナンシェ。焼き上がりがとても軽やかで食べやすい!おいしいのはもちろんですが、カロリーが控えめで身体にもよいのはうれしいですね。

商品情報

■販売者:九鬼産業株式会社
■商品名:太白純正胡麻油
■内容量:340g / 600g / 1,600g
■価格:340g 669円 / 600g 1,080円 / 1,600g 2,376円(税込)

【京都府】黒七味(株式会社 原了郭)

Photo by 丸山夏名美

300年以上の歴史を持つ原了郭さんの看板商品「黒七味」。白ごま、唐辛子、山椒、青のり、けしの実、黒ごま、麻の実の7種類の一部を煎って細かく挽いて揉みこむため、独特の濃い茶色になります。ていねいに揉みこむことで原料同士の旨味や香りが調和するのだとか。本当に香りが高いので、蓋を開けた瞬間に“よだれ”が出る七味です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS