ライター : 丸山夏名美

食いしん坊ライター

浅草に住んでいる食べ物とお酒が大好きなライター。「食は五感だけでなく、生まれた背景や雰囲気を含めて楽しむ」という信条から、食材やレシピに加え生産者のストーリー、テーブルウェ…もっとみる

第6回目は関東地方から

Photo by shutterstock

こんにちは!浅草住まいの食いしん坊ライター、丸山です。全国の市場やスーパーをめぐり、各地の美食を探し尽くす筆者が、ご当地調味料を7日間に渡ってご紹介しています。

日本全国を7つのブロックにわけ、各地方のおすすめ調味料4品と、それぞれ3パターンの食べ方(全84食)をご提案。このお正月は、おうちで全国各地に思いを馳せましょう!

▼前回の記事はこちら

今回ご紹介する絶品調味料は…

・納豆万能たれ(白)(茨城県、有限会社菊水食品)
・日光東照宮献上醤油「譜代相伝(ふだいそうでん)」(栃木県、株式会社樋山昌一商店)
・吉田七味 七味唐辛子(群馬県、吉田七味店)
・無糖ピーナッツバター(千葉県、株式会社HAPPY NUTS DAY)

まだまだおせちも楽しみたいけれど、食べすぎで朝は軽めに……という年始には、ご飯がおいしく食べられる調味料が活躍します。「納豆が冷蔵庫にない!」ときに納豆の旨味をご飯に添える「納豆万能たれ(白)」、そのままご飯にかけるだけで美味な日光東照宮献上醤油「譜代相伝」ピリリと旨辛い「吉田七味 唐がらし」は、食欲をそそる逸品です。千葉県産オーガニック落花生のみを使用した“ピーナッツバター”は、パン派の人に最高の朝食の友となるはずですよ。

【茨城県】納豆万能たれ(有限会社菊水食品)

Photo by 丸山夏名美

「納豆万能たれ」を開発した菊水食品は「日本一旨い納豆」に与えられる最優秀賞を獲得したこともある、こだわりの納豆屋さん。テレビ番組「料理の鉄人」でチャンピオンとなった料亭の料理人さんと一緒にこの商品を生み出しました。

日本一の納豆といわれる「海洋ミネラル納豆」と黒大豆の「黒豊」を贅沢に使ったタレは、料亭で刺身を提供するときに添えられるほどバランスがよい調味料。納豆なのにクセが少なく、多くの料理に使えます。

おすすめの食べ方

Photo by 丸山夏名美

納豆なしで、納豆ご飯感覚を楽しむことに。冷蔵庫にあったゆで卵と鰹節を合わせてみました。くさみがなくて、大豆の甘さと発酵食の旨味をそのまま感じられます。忙しい朝に大活躍しますよ。

Photo by 丸山夏名美

豚しゃぶにまわしかけて食べると、豚肉と大豆の甘さが相乗効果をなして、奥行きのある味わいになりました。しそ、ごま、七味などほかの薬味とも相性よしです。

Photo by 丸山夏名美

温野菜とえびに添えただけですが、すてきな小料理屋さんで出てきそう……。素材にかけるだけで存在感のあるメニューになるので、「あとひと品ほしい」というときにも活躍します。

商品情報

■販売者:有限会社菊水食品
■商品名:納豆万能たれ(白)
■内容量:100ml
■価格:オープン価格

【栃木県】日光東照宮献上醤油「譜代相伝」(株式会社樋山昌一商店)

Photo by 丸山夏名美

「おいしい漬物を漬けるために、理想の醤油を追い求める」を掲げて守られてきた、日光東照宮献上醤油「譜代相伝」。100年以上の歴史を持つ味噌・醤油醸造元(株式会社樋山昌一商店)が造り続けてきた秘蔵の醤油です。

技術が必要なので、蔵人のなかでもごく一部の人しか醸造に関われないのだとか。“日光路ばたづけ”に合うよう砂糖を使わずとも甘味があります。まろやかな味付けをする料理にも向いていますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS