おすすめの食べ方

Photo by 丸山夏名美

「江戸時代からご飯の友として愛されてきた」ということで、さっそく炊き立てのご飯と一緒にいただきます。発酵食の旨味や塩味だけでなく“もろみ”の甘さとまろやかさが感じられて深い味わい……。奇抜さはないけれど、毎日食べても飽きがこない味です。

Photo by 丸山夏名美

この深みのある味を洋食に生かしたく、ポテトフライとクリームチーズに合わせてみました。「食べるしょうゆ」というだけあって味のバランスがよく、もろみの“とろみ”がポテトにからみます!山盛りで食べたいほどポテトフライとの相性が抜群でした。

Photo by 丸山夏名美

柿のカプレーゼにかけてみました。「しょうゆの実」の塩味と旨味、柿の甘味、モッツァレラチーズのほのかなミルクの香りが一体となって、ワインにも日本酒にも合いそうです。ほかのフルーツのカプレーゼでも、とてもおいしくいただけると思います。

商品情報

■販売者:ハナブサ醤油株式会社
■商品名:出羽三山の里庄内しょうゆの実
■内容量:115ml
■価格:167円(税込)

“地域の味”が進化し続ける北海道・東北地方

年末年始、7日間に渡ってご紹介してきた「日本の絶品調味料めぐり」。最終日の第7回目は、北海道・東北地方でした。雲丹、牛タン、いぶりがっこ、しょうゆの実は、各地域の名物。より全国の多くの方が食べやすく、親しみやすいように調味料として進化を遂げていました。


この企画で厳選した調味料は、全国各地の生産者さんが思いを込めて伝統を守り、アイデアを以って生み出してきたものばかりです。それぞれの魅力を知ることで、皆様の食の楽しみ方や味わい方が少しでも豊かになれば幸いです。

※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS