イカ墨味

かぼちゃ味のアイスクリームは聞いたことがあるかもしれませんが、イカ墨味なんて聞いたことありますか?

お友達と一緒に恐いもの見たさで食べてみた結果、はまっちゃうかもしれません!ほかにも日本酒、ワイン、ビール、納豆、ワサビ、うに味などもあるので、試してみてはいかがですか。

21. 小樽洋菓子舗ルタオ 本店

小樽の洋菓子といえば「小樽洋菓子舗 ルタオ(Le TAO)本店」。小樽観光の中心であるメルヘン交差点にお店をかまえており、大きな塔のような外観が特徴です。こちらの「ドゥーブルフロマージュ」は、"北海道のお土産の定番"ともいわれる有名スイーツなんですよ。 今回は、本店でしか食べられないケーキセットをご紹介します。

奇跡の口どけセット

1300円(税込)

お店の人気No.1のケーキセットは「生ドゥーブルフロマージュ」と「生ヴェネチア・ランデブー」の組み合わせです。「ルタオ」の看板商品である『ドゥーブルフロマージュ』は、創業以来多くの方に愛されてきたチーズケーキ。雪のようなとろける口どけ、マスカルポーネのふくよかなミルク感、上品な甘さを楽しめます。午後からの販売なので、ティータイムにいかがでしょうか?
▼ルタオで定番のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」はこちらから購入できます。

ITEM

ドゥーブルフロマージュ

¥1,728

内容量:2~4人分(4号サイズ)

※2018年5月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

22. アイスクリームパーラー美園(みその)

大正8年創業、北海道ではじめてアイスクリームの販売をした「アイスクリームパーラー美園(みその)」。小樽駅より徒歩5分の場所にあり、老舗らしいレトロな店内も魅力のひとつ。100年ほど愛されてきたアイスクリームの味を求めて、今もなお、客足が絶えません。 北海道旅行の思い出のひとつとして、懐かしのアイスクリームを味わってみてはいかがでしょうか。

愛須句史夢(あいすくりいむ)

450円
こちらのお店の原点ともいえる「愛須句史夢(あいすくりいむ)」は、フレッシュな牛乳、たまご、クリーム、果実、はちみつを原料としています。その独特のさわやかな味わいは、大正時代から現在にいたるまで親しまれ続けてきました。 このほか、「プリンアラモード(850円)」や「パフェパッション(800円)」といったパフェメニューも楽しめます。

23. さかい家

※現在このお店は閉店しております。
堺町通り沿いにたたずむ甘味処「さかい家」。明治40年建築の木造2階建ての家屋を利用し、当時の雰囲気をいかした店内は、明治時代にタイムスリップしてしまったかのような気分にさせてくれます。現代を忘れさせる異空間の居心地のよさに魅了される方が多いそうですよ。 2016年10月に一度閉店しましたが、喫茶店として2017年1月に再開しました。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS