15. 北のどんぶり屋 滝波食堂

小樽駅からすぐ、三角市場内のお魚屋さん直営の「北のどんぶり屋 滝波食堂」。とれたての新鮮な魚介を使った、お刺身や焼魚の定食、海鮮丼をお手ごろ価格でいただけるお店です。 行列ができていることが多いので、早めの時間かランチタイムをはずして行くのがおすすめですよ。朝8時から営業しているので、朝食にもどうぞ。

わがまま丼

写真 左 1800円

看板メニューの「わがまま丼」は、いくら・生うに・カニ・マグロ・ボタンエビ・サーモン・活ホタテなどから、お好きなネタを3品選べます。新鮮さはもちろんのこと、ボリュームもあるのでコストパフォーマンスの高さが自慢だそうですよ。 写真のネタは、いくら・生うに・カニです。こんなに贅沢なネタの数々がたっぷりのって1,800円とは驚きですよね。

16. アンディアモ

JR小樽駅より徒歩3分ほどにある「アンディアモ(ANDIAMO)」。イタリアの名店で4年間修行した女性オーナーが手がける本格イタリアンレストランです。 厨房には釜があり、毎日手作りのピザを焼きあげています。また自家製のこだわりパスタも人気があるそう。

マルゲリータ

お得なランチは、パスタ3種やピッツァ4種といったメニューから選べます。各150円でドリンクやサラダ、300円でデザートのセットも付けられます。 400℃の自家製釜で焼かれたピザは、もちもちで外側はパリっとしているそうですよ。ほんのり甘みを感じる生地と酸味のきいたトマトソースの相性は抜群!

17. きむら

北海道中央バスの小樽市内線、幸会館下車より徒歩2分ほどの「きむら」は、口コミで人気をあつめるお蕎麦やさんです。郊外にあるのにもかかわらず、店内はいつもお客さんで絶えません。なんでも「小樽で1番おいしいお蕎麦が食べられる」ともいわれているのだとか。

せいろ

石臼で蕎麦を挽き、外一(蕎麦粉100%に対してつなぎ10%)で打った十割蕎麦。名物の「せいろ」は、蕎麦本来の味わいを楽しめるメニューです。ほんのり緑がかった蕎麦はコシが強く、のどごしもよいのだとか。おつゆをつけてズズッといただけば、至福の味を堪能できます。

夏季限定の「山わさびおろしせいろ(1,050円)」や「かき揚げせいろ(980円)」、「とりせいろ(980円)」といったメニューも提供しています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS