ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

紅茶ポットの選び方

容量を選ぶ

容量は、紅茶を何杯飲むのか、何人分必要なのかをイメージして選ぶのがおすすめ。ティーカップ一杯の目安容量は約150mlです。一度にたっぷり飲みたい方や、数人分淹れる場合は、容量300ml以上の紅茶ポットが適しています。

形状を選ぶ

メーカー・商品によって、デザイン性を重視しているもの、おいしく淹れられる設計がされているものなど、さまざまなこだわりがあります。なかでも丸型の紅茶ポットは、お湯の対流が起こりやすく茶葉がよく動くため、成分が抽出されやすいです。「どれを選べばいいかイマイチ分からない」という方は、丸型を選ぶのがベター。

また、間口が狭いものや複雑な形状は、スポンジが入りにくい場合もあります。お手入れのことを考えて、洗いやすさにも着目しましょう。

茶こし付きかどうかをチェック

紅茶ポットは、茶こしが付いているもの、付いていないものの2タイプがあります。簡単に淹れたい場合は、茶こし付きの紅茶ポットがおすすめです。

一方で、便利さよりも紅茶の味わいにこだわりたい方は、茶こしなしのタイプを選びましょう。ポット内でしっかり茶葉を対流させることで、味や香りが出やすくなりますよ。

ガラス製の紅茶ポット4選

ガラス製の紅茶ポットは、洗練されたおしゃれなデザインのものが多くそろいます。ジャンピングの様子や紅茶の美しい色合いを眺めることができ、できあがりまでの時間も楽しめますよ。ニオイや色が移りにくいため、フレーバー付きの茶葉や香りが独特なものなど、いろいろな種類の紅茶を淹れたい方におすすめです。

1. キントー「UNITEA ワンタッチティーポット 460ml」

ITEM

KINTO(キントー)UNITEA ワンタッチティーポット 460ml 8335

¥2,156〜

サイズ:直径8×幅14×高さ10cm 重量:約215g

※2021年1月7日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS