材料(2人分)

Photo by macaroni

・骨つき鶏もも肉……2本(関節で切り分け、4つにする)
・塩……小さじ2/3杯(骨なしのもも肉の場合は小さじ1/2杯)
・砂糖……小さじ1/2杯
・白胡椒……少々
a. しょうが(すりおろし)……少々
a. にんにく(すりおろし)……少々
a. レモン汁……大さじ1杯
a. オリーブオイル……大さじ1杯
a. カイエンペッパー……小さじ1杯
a. クミンシード……小さじ1杯
a. レモン汁……大さじ1杯
a. 黒胡椒……少々
・米油……適量(サラダ油でも可)

<衣>
・薄力粉……75g
・強力粉……75g
・ベーキングパウダー……小さじ1/4杯
・塩……小さじ1杯
・粗挽き黒胡椒……小さじ2杯

作り方

Photo by macaroni

1. 鶏肉は表面の水気を拭き骨にそって切り込みを入れ、できるだけ余分な脂(皮と身の間も確認)をていねいに取りのぞく。包丁またはフォークなどで肉の両面に穴を数箇所さす。鶏肉に塩、砂糖、白胡椒をまんべんなく絡めて10分おく

2. (a)を保存袋に入れ、鶏肉を入れて空気を抜きながら閉じる。室温に戻しながら3時間漬ける(それ以上おく場合は冷蔵庫保存。揚げる前に30分〜1時間室温におく)

3. 衣の材料をボウルに入れてよく混ぜ、バットに出しておく。保存袋から鶏肉をバットに出す

4. 鶏肉の皮目をピンと張った状態で、全体に衣をよくまぶして5分おく

5. 170度に温めた揚げ油に皮目を下にして入れ、1〜2分経ってからときどき返しながら8〜10分香ばしくなるまで揚げる。からりと揚がったら、油を切り、約4〜5分休ませる

「3種類の中で一番、サクッとした食感になるチキンです。クミンシードの香りやカイエンペッパーの辛みが食欲を刺激しますよ。ライトな飲み口のビールによく合うと思います。

辛いもの好きな方は、カイエンペッパーや黒胡椒の量を調節してください」

おうちでフライドチキンを手作りしよう

「アメリカではフライドチキンにビスケットやワッフル、パンケーキなどの甘いものを合わせて食べます。チキンにメープルシロップをかけて食べるのも、甘じょっぱくておすすめです。

私はカルダモンの香りを移したメープルシロップをかけて食べたら、そのおいしさにすっかりハマってしまいました! 黒胡椒をガリガリふって食べてもいいですね」と小堀さん。

取材陣も小堀さんのフライドチキンをいただきましたが、あまりのおいしさに仕事を忘れてしまうほどでした。このレシピを知ったら、フライドチキンをもう外で買わなくなるかもしれません。小堀さんが本場の味を食べ歩いて生み出したという絶品レシピ、ぜひお試しあれ!
取材・文/福田 彩(macaroni編集部)
写真/實重かおり(macaroni編集部)

ITEM

ライクライクキッチンの毎日和食

¥1,100〜

料理家・小堀紀代美さんが作り続けてきた和食を紹介した一冊。毎日作りやすいレシピが満載。

※2020年11月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※本記事の取材および撮影は2020年11月9日におこないました。撮影時のみ一時的にマスクを外していただきましたが、スタッフ一同、コロナウイルス感染予防の対策を十分に講じたうえで撮影に臨んでおります。

編集部のおすすめ