ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

業務スーパーで買い置き必須の缶詰を発見!

Photo by muccinpurin

海外の調味料や業務用食材が格安で手に入る業務スーパーで、見慣れない缶詰を発見。美しい写真とカラフルなパッケージは業務用というよりは家庭用のおつまみといった印象ですが…。

スモークほたて、スモーク牡蠣、ほたて水煮の3種を食べ比べしてみました。

スモーク牡蠣オイル漬け

Photo by muccinpurin

「スモーク牡蠣オイル漬け」128円(税別)
まずひと品目はスモークした牡蠣をオイル漬けにした、いかにも飲兵衛な筆者が好みそうなアイテム。85g入りで固形量65gで、おつまみでちょうど食べきれそうなサイズ感です。

牡蠣のオイル漬けは家庭でも作る方が多い料理ですが、スモークともなると専用の機会が必要だったリ、部屋に煙が充満して匂いが付いたりとなかなかチャレンジしにくい部分なので、味が気になるところですね。

スモーキーな香りでワインが進む進む!

Photo by muccinpurin

缶を開けた途端、燻し独特の香りがふわぁ~。これは、もう飲まないわけにはいかないでしょう、ということで撮影をそそくさと済ませて白ワインを開けました。

小振りではありますがプリッとした牡蠣が7粒ほど入っており、ほんのりと塩味が付いているので、そのままでも充分おつまみとして成立しちゃいます。アウトドア派の方はコンロにのせてアヒージョのように温めれば、オイルをちょんちょんバゲットにつけてさらにワインが進むこと間違いなしですよ。

オイルごと使えばパスタもお店の味!

Photo by muccinpurin

ワインのおつまみにふたつほどつまんだところで、パスタをゆでて料理にアレンジしてみました。ゆでたパスタにスモークの香りをまとったオイルを加え、しょうゆをひとたらし。出汁の香りがお好きな方はめんつゆを使ってもおいしくできますよ。

しょうゆやめんつゆの風味とスモークの香りが何とも言えないハーモニーを奏で、まるでバルのシメメニューに名を連ねそうなお店のパスタに大変身!つまみですべて食べきってしまいそうですが、パスタを試したい方は食べすぎないようにご注意を。

スモークほたてオイル漬け

Photo by muccinpurin

「スモークほたてオイル漬け」128円(税別)
牡蠣に続いて、お次はスモークホタテのオイル漬けを実食です。缶やパッケージのサイズは同じですが、1缶85g入りで固形量は60gとスモーク牡蠣よりやや少な目のようです。

小粒ながら旨みが凝縮!

Photo by muccinpurin

缶を開けてみると、小粒ながら、燻されていい感じの飴色に染まったほたてがぎゅっと詰まっていました。こちらもオイルたっぷりなので、缶を開けるときはくれぐれもオイルがはねないように気を付けてくださいね。

牡蠣とはひと味違ったほたて独特の旨みがぎゅぎゅっと詰まっていて、こちらも飲兵衛さんにおすすめしたい味です。塩味が濃すぎずやわらかく煮てあるので、子どもでも安心して食べることができそうですよ。

缶詰のメリットは長期保存できることですが、筆者が購入した2020年9月の時点で賞味期限が2023年4月25日でした。スマートフォンほどのサイズで常温保存でき、3年近くもストック可能なので、保存食として防災グッズの中に入れておくのにも重宝しそうですよ。
Photos:9枚
スモークほたて、スモーク牡蠣、ほたて水煮のパッケージ
スモーク牡蠣オイル漬け
蓋を開けたスモーク牡蠣オイル漬け
スモーク牡蠣のオイル漬けをのせたパスタ
スモークほたてオイル漬けのパッケージ
蓋を開けたスモークほたてオイル漬け
ほたて水煮
蓋を開けたほたての水煮缶
蓋を開けたほたてオイル漬け、牡蠣オイル漬け、ほたて水煮の缶
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS