飲むタイミングは運動後がおすすめ

基本的に牛乳はいつ飲んでも構いません。ただし、ダイエットの観点からは運動後に飲むのがおすすめです。理由として、筋肉量のアップや筋肉の回復が期待できることが挙げられます。筋肉量が増えると基礎代謝量が上がり、太りにくく痩せやすい体になりますよ。(※9,10)

【Q&A】牛乳を飲むと太るのは本当?

A:牛乳を飲んだからといって必ず太るとは限りません。

肥満は、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るときに引き起こされます。つまり、食べ過ぎと運動不足が肥満の主な原因。そのため、牛乳に限らずどんな食べ物でも摂り過ぎると太るおそれがありますよ。(※11)

【Q&A】夜寝る前に牛乳を飲んでもよい?

A:寝る前の牛乳には安眠作用があることが知られていますよ。

牛乳に含まれるアミノ酸のトリプトファン。このトリプトファンはセロトニンの材料となり、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促進します。胃腸を刺激しないために、ホットミルクにするのがおすすめです。(※12)

【Q&A】牛乳と豆乳はどっちがダイエットに向いている?

A:カロリー・糖質量ともに低い無調整豆乳のほうがダイエット向きといえます。

100gあたりで比較すると、牛乳が61kcal・糖質量が4.8g。対して、無調整豆乳は43kcal・糖質量が1.4gです。ただし、無調整豆乳に含まれるカルシウム量は牛乳の約1/7です。

無調整豆乳と牛乳の見た目はよく似ていますが、栄養素はまったく異なるため注意してくださいね。(※1,6)

牛乳のカロリーに気をつけて、賢く栄養を摂り入れよう

栄養が豊富な牛乳は、体にうれしいはたらきもいっぱい。ただし、牛乳は飲み過ぎには注意が必要です。摂り過ぎると、摂取カロリーが消費カロリーを上回り太るおそれがあるため気をつけましょう。

牛乳のカロリーが気になる場合は、普通牛乳よりカロリーが低い、低脂肪牛乳や無脂肪牛乳を選ぶと良いですよ。また、ダイエット中に牛乳を飲むときは、筋肉が増えやすい運動後がおすすめ。適量を守って賢く摂り入れてくださいね。
【参考文献】
(2023/09/07参照)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ