ライター : 松 宏彰(カレー細胞)

カレーキュレーター

あらゆるカレーと変な生き物の追求。 生まれついてのスパイスレーダーで日本全国・そして海外あわせ3000軒以上のカレー屋を渡り歩く。 カレーイベント主催、雑誌のカレー特集執筆、TV…もっとみる

カレーの街「下北沢」で押さえておきたい気鋭店

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

演劇の街、古着の街、ライブの街……たくさんの顔を持つ下北沢。カレーの街としても広く知られるようになってきました。

古くから多様なサブカルチャーを受け入れてきた下北沢ですが、カレーも例外ではありません。北海道や大阪のカレー名店が東京進出の足がかりとして下北沢を選ぶのも、決して偶然ではないのです。カレー専門店だけでなく、お酒とともにカレーを楽しめる酒場が多いのも、この街の特徴。

東京だけでなく、日本中からエッジの効いたカレーが続々と集う下北沢。あなたはどの店の常連になりますか?

1. 圧倒的名店のスパイスジェラート!?「カルパシ」

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

2020年6月21日、下北沢にとんでもないお店が登場しました。カレーマニアの熱狂的支持を集める千歳船橋のレジェンド店「カルパシ」の2号店が下北沢にオープン。

けれども、ただの2号店じゃありません。カレーに加えて、京都のジェラート店「PICAROEIS(ピカロ アイス)」とのコラボによるスパイスジェラートがいただけるお店なのです。

「カレーにジェラート?」「ジェラートにスパイス?」そんなドキドキする期待を鮮やかに上回る体験ができます。

スパイス使いに天才的センスを発揮する、黒澤シェフでしかなし得ない新境地です。行列必至、今一番行くべき話題店をぜひチェックしてみてください

カレー3種(A+B+C)ジェラートセット

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,870円(税込) 写真はレモンピクルストッピング
常時カレー3種類、ジェラート8種類、いずれも時期によって内容が変わってゆくこのお店。全部のカレーと副菜、そしてジェラートも2種選べる欲張りセットがこちら。せっかくのすごい店、いただけるモノはしっかりいただかないとですね。

この日のカレーは、A.クートゥ(豆と大根とほうれん草)B.レモンチキンカレー C.マトンキーマカレーの3種。

しっかりした鶏肉にさわやかな酸味が魅力のレモンチキンと、マトンの旨味が感じられ秀逸なマトンキーマ、それらをやさしくまとめるクートゥ、この見事なバランスに加え、大胆かつ手が込んだ副菜の数々には、流石!抜群!という言葉しか出てきません。

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

そして食後のジェラートはカルダモンピンクグレープフルーツ(左)・実山椒ブルーチーズショコラーデ(右)の2種を選択。優雅な香りと甘酸っぱさで押す前者と、攻めまくった山椒の痺れに圧倒される後者。いずれも驚きのケミストリー。

パーテーションで仕切られているあちこちの席からも「おぉっ!」という声が漏れていましたよ。
店舗情報

2. 音楽×カレーな新定番「カレーの店 八月」

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

2020年4月10日にオープンした新店。オーナーはあの人気バンド、サニーデイ・サービス曽我部恵一さんです。曽我部さんと言えば、静岡の老舗カレー店「がるそん」を題名にした曲を発表するほどカレー愛に溢れた方。

提供するカレーがもう流石というか、にわかな人には提供するのに戸惑うほど、流行りに流されないズドンと骨太なカレーだったのです。

建物の1階がカレー店舗、2階が厨房、そして3階はレコードショップ。通し営業なので気軽に立ち寄ってみましょう。

チキンカレーあいがけキーマ

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,180円(税込)
サラサラのチキンカレー。スパイスカレーと言えばそうなのだけど、流行りに乗ったスパイスカレーとは違う。むしろ、東京民に愛され続けてきた老舗定番カレー……新宿「モンスナック」、湯島「デリー」や「ラホール」のテイストを加えたようなイメージ。庶民的で、スパイシーで、ハードすぎず、辛すぎずの定番感。新店でこのチューニングはなかなか!

そしてもう一方のキーマ。これが個人的にかなりツボ。ウェットとドライの中間くらいでスルッと食べやすいのですが、メティがブワッと香るあたりなかなか個性的。けれども飽きがこないギリギリのチューニング。この2つのカレーのバランスがとにかくニクいのです。

奇の衒いもなく、それでいてカレー好きが定番として愛するに足るツボの押さえ方なのです。
店舗情報

3. 大阪から来た、悶絶スリランカカレー「アッダ」

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

大阪のスリランカ料理店「デッカオ」と、大阪でいろいろ斬新な試みを展開するスパイス居酒屋「ボタ」が手を組んで東京進出!下北沢の線路跡地にできた商業・文化施設「BONUS TRUCK」に2020年6月1日オープンです。

昼は「デッカオ」と「ボタ」のあいがけコラボが楽しめるカレー屋。夜は偏愛的セレクト酒とおつまみが並ぶ酒場というコンセプトです。日本におけるスリランカ料理の聖地といわれる大阪、まずはランチタイムのスリランカカレーを食べてみて!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS