7.「ハイパーハードボイルドグルメリポート」

ITEM

ハイパーハードボイルドグルメリポート

【テレビ東京オンデマンド】2018

「中東の難民やアフリカの元少年兵など、国籍・環境・境遇がまったく違う人たちの食事を見せてもらう番組です。食事が暮らし・生活と密着しているということをダイレクトに感じます。生まれも育ちもまったく違う人たちなのに、番組を見ていると同じ席で食事をしているような気持ちに。不思議と、自分の友達や家族を見ているような気持ちになってくるんですよね。食事というのは、人と人を結びつける大事なものなんだと教えてくれる番組です」(20代女性・料理家濱千代)

8.「面白南極料理人」

ITEM

面白南極料理人

2019

「説明不要なのは、南極料理人の方ですが、ライトにサクッと見れるのはコチラ。ひと言で言えば原作と同じように、南極という閉ざされた空間でいかにして料理を作るか、という話なんですが、浜野謙太やマキタスポーツをはじめとするどこかチャーミングな7人の“おっさん”たちの演技が秀逸!なんだか味があって、めっちゃバカでかわいいです。料理はおいしそうなんだけど、飯テロ的な『おいしいー!』顔をそこまで大々的に取り上げないから気負わず見れます。ハマケンがパエリアの作り方をロック調に歌い上げるシーンは巻き戻して何回も見てしまいました(笑)」(30代女性・カメラマンさねしげ)

9.「石ちゃんのSAKE旅」

ITEM

石ちゃんのSAKE旅

2017

「“まいう〜” でお馴染みのタレント・石塚英彦さんと、全国の酒蔵を巡りながら日本酒を勉強できる番組。獺祭や九平次といった銘酒を中心に、酒蔵を見学しながら造り手に話を聞いたり、それに合う料理を置く店を紹介したり、日本酒好きでなくてもまったり楽しめるバラエティ。とにかく石ちゃんの呑みっぷりが素晴らしい(笑)」(20代男性・編集部道岡)

10.「逃亡料理人ワタナベ」

ITEM

逃亡料理人ワタナベ

2019

「おうちにいながら、まるで旅行をしている気分を味わえるミニドラマ。主人公のワタナベが逃亡した先で出会う、数々の特産品や料理がどれもおいしそうで、確実におなかがすきます(笑)。私のいち押しは北九州篇に登場する『天寿し』さん!大将が寿司を握っている様子を観られるのはとっても貴重!まるで名店をちらっと覗いたような気分にさせてくれますよ。実は私、macaroniとワタナベのコラボコンテンツを担当したのですが、撮影の裏話も一緒に紹介しているので、合わせてチェックしてみてください!」(30代女性・伊集)

ゴールデンウィーク、毎日少しずつ観れるドラマが最高!

今回は「食」がテーマとなったドラマを編集部でセレクト。地上波で放送されていたものや、ネットならではの攻めた企画など、趣味趣向が出ていたんじゃないでしょうか。意外と旅系のドラマも多かったので、自粛期間が終わったあとはどんな外出をしようか、想像しながら楽しんでみてください。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、家での時間が増え、ストレスが溜まっている方もいらっしゃるかもしれません。少しでも楽しく過ごせるよう、この機会にいろんな作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS