おすすめのお店「天外天(てんがいてん) 本店」

Photo by shibayu

筆者が熊本ラーメンを食べるのにおすすめしたいのが「水道町駅」から徒歩約3分の場所にあるお店「天外天 本店」。こちらのお店で食べられる「ラーメン」(730円)は、とんこつラーメン特有のドロっと感がなく、サラッとした口あたりです。あっさりしているため、クセになる味わい♪

麺は、中細のストレートで少しやわらかめ。麺とスープがほどよく絡みあっていて、フライドガーリックとの相性バッチリ!不動の人気を誇る「天外天」はおさえておきたい名店です。
店舗情報

4. あっさり系のやさしい味わい「太平燕(タイピーエン)」

Photo by shibayu

太平燕とは、中華料理を日本の具材に置き換えてアレンジされた麺料理のひとつ。長らく熊本県民から愛され続けている郷土料理です。

たっぷりの野菜やエビ、イカなどの海鮮や豚肉などの具材が入っており、見た目はちゃんぽん。麺はヘルシーな春雨を使用しています。やさしい味わいあっさりとしたスープが特徴的!

おすすめのお店「紅蘭亭 上通りパビリオン店」

Photo by shibayu

お店の場所は「通町筋駅」から徒歩約2分。こちらのお店で食べられる「太平燕」(830円)は、鶏ガラと豚骨がベースになっており、熱々の状態で提供されます。あっさり系でやさしい味わいです。

また、野菜が盛り沢山で、シャキシャキ食感が楽しめる。春雨は、緑豆100%で製造されており、ツルツルっとした喉越しは最高♪

小さな子どもから、高齢の方まで長年熊本県民から愛されている老舗の名店です。
店舗情報

5. 体の芯から温まる「だご汁」

Photo by shibayu

「だご汁」とは、熊本県や大分県の郷土料理として知られ、熊本県では「だんご」を「だご」と呼ぶことから「だご汁」の名で親しまれています。小麦粉を練ってちぎったたいらな団子、または麺状の具が名の由来でもあります。

小麦粉で作った団子を、季節の野菜、肉などと醤油または味噌で味付けした汁物で、地域によっていろいろなバリエーションがあります。昔ながらのほっこりした素朴な味わいです。

おすすめのお店「亭ノ元」

Photo by shibayu

お店の場所は「熊本駅」から車で約20分。こちらのお店で食べられる「だご汁」(1,200円)は、スープが熱々で少しトロミがかっており、醤油・鶏出汁がベースになっています。やさしい味付けで体の芯から温まることができ、冬になると食べたくなる逸品♪

麺は極太でコシがあり、ツルツルの舌触りでもっちり食感。中には、白菜・にんじん・ネギ・大根など多くの野菜が入っており、シャキシャキ食感が楽しめます。
店舗情報

6. 何カンでも食べたくなる「馬にぎり」

Photo by shibayu

みなさん、「馬にぎり」というお寿司を知っていますか。馬にぎりとは、その名のとおりネタが馬刺しになっているお寿司のこと。馬刺しは酢飯にもピッタリなんです!

にぎりはもちろん、軍艦・巻きなどにして食べられています。わさびではなく、醤油と生姜につけていただくのが一般的。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS