9. 新聞紙に包丁をこすりつけて、カエリをこそげ落とします。

Photo by akiyon

新聞紙を広げて包丁の両面をこすりつけ、カエリを取り除きます。カエリが残っているとスムーズに切れないので、しっかり落としましょう。

10. 包丁をきれいに洗ったら完成!

Photo by akiyon

包丁を研ぎ終わったら、洗剤を使って汚れを洗い落とします。しっかりと水気をふき取って乾燥させましょう。

11. 仕上砥を使う場合

より切れ味をよくするために「仕上砥」を使う場合は、上記の5~8の工程を繰り返します。包丁の持ち方や角度も同様です。

研ぎ方のコツとポイント

力を入れすぎない

あまり力を入れすぎると包丁がスムーズに動かず、けがをすることがあるので注意しましょう。

角度を一定に保つ

角度を一定に保てば、ぶれることなく、スムーズに研げます。あまり角度を大きくして研ぐと、刃を傷めてしまうので注意しましょう。

ゆっくり大きく動かす

砥石全体を使ってゆっくり大きく動かすと、効率よく研ぐことができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS