5. 創業330年超「粟餅所 澤屋」

北野白梅町駅から東へ徒歩6分ほど、北野天満宮前交差点手前の今出川通り沿いにあります。瓦葺き2階建古民家の1階にある和菓子店で、店頭のショーケースとひさし上の木彫り看板が目印。内障子と腰板壁が和の情緒漂う店内に、テーブル席が計30席ほどあるお店です。

こし餡ときな粉の粟餅が入った紅梅と白梅

3個入り紅梅 500円、5個入り白梅 650円(各税込)
こちらも江戸時代前期から続く老舗店で、北野三大名物のひとつとされる粟餅で知られています。餅米にあわを混ぜてついた餅は、こし餡ときな粉、2種類だけの素朴な風味が人気。注文を受けてからつきたての餅を丸めて作るため、いつもできたてのやわらかさを味わえると好評です。

店舗情報

6. わらびとくず餅「ぎおん徳屋 」

祇園四条駅6番出入口から南東へ徒歩6分ほどのところ、花見小路通り沿いに立つ2階建の角店です。祇園のお店らしい入母屋造屋根の京町家風店舗で、赤い提灯と2階のすだれが目を引く外観。和モダンでおしゃれな店内は1階と2階があり、テーブル席と座敷席が25席ほどあります。

本わらび餅と抹茶の本くず餅のあい盛り

1,350円(税込)
本わらび粉で作るわらび餅に、吉野の本葛を使用したくず餅が評判のお店です。どちらも単品で注文できますが、両方のハーフを盛り合わせたメニューが人気。濃厚な抹茶風味のくず餅と、和三盆のやさしい甘さのわらび餅ともに、小倉餡と黒蜜、きな粉などをつけていただきます。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ